« 走る人 | トップページ | 梔子 »

2014年6月28日 (土)

濃いやつで。

Dsc_0040

(Nikon D80)

今、読んでいるのは「麻雀放浪記」。
昔、真田広之が主役で、映画もありました(真田広之に似ていると言われ続けて約20年。ここはおさえておかなければ・・・。)。
この麻雀放浪記も、例えば五木寛之の「青春の門」なんかも、戦後すぐのころを舞台としたお話の中の人たちの話は生きてること自体に(いい意味で)ギラギラしていて、読んでいて面白いです。
濃いです。
10代位の頃は人生飄飄と適当にと思っていたけれど、やっぱり濃いのは面白いよな・・・と最近は思うことがあります。


« 走る人 | トップページ | 梔子 »

コメント

麻雀放浪記は、学生時代に麻雀漬けだったこともあり、全シリーズ読みました。映画は見ませんでしたが、映画館から出てくる男たちがみんな「坊や哲」の真似をしているようで笑えた記憶があります。^^

投稿: Kenny | 2014年7月 1日 (火) 14時51分

私も、男に生まれていたら、学生時代に麻雀漬に
なりたかったです・・・!
働き始めてからも学生の頃の友達と久し振りに集まると
徹夜マージャンをやる先輩社員を楽しそうでいいなと
思って話を聞いてました。

本を読んでいると麻雀をやってみたくなりますね。
ルールはまだほとんど分かりませんが
今からだって覚えたら、楽しく出来そうな・・・。

映画館を出てくる男たちが「坊や哲」の真似をしてしまう、
なんだか分かるなーconfident・・・という気がしました。

投稿: anise | 2014年7月 2日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/56634914

この記事へのトラックバック一覧です: 濃いやつで。:

« 走る人 | トップページ | 梔子 »