« ワタシの一枚 | トップページ | »

2014年6月24日 (火)

piano man

Dsc_0037

(Nikon D80)

校舎を歩いていると どこからともなくピアノの音が聞こえてきて
よく聞くとそれはすっかり忘れていた中学の校歌でした。

校歌って不思議です。
メロディーを聞くと意外にも随分と歌詞を覚えていて、おお、歌える・・・!となります。
やっぱり、何かの折にいつも歌っていたうちに身についた記憶は頭の奥の方の倉庫にしっかりとあって、いつもは静かに眠っていてるけれども きっかけがあると目を覚ましてくるんですね。

それにしても ピアノが弾ける人というのはすてきです。
西田敏行も「もしもピアノが弾けたなら」という曲を歌っていましたが、
その時の気持ちや気分で自由に弾けたら いいですね。

                           (今日のタイトルは1973年のビリー・ジョエルの一曲()より
                                                                       ※をクリックするとyou tubeへとびます↑


« ワタシの一枚 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/56594162

この記事へのトラックバック一覧です: piano man:

« ワタシの一枚 | トップページ | »