« 木村伊兵衛の下町の人 | トップページ | »

2014年5月21日 (水)

Dsc_1120_edited2

(Nikon D80)

お祭りを歩いていたら、小さな男の子を連れたお母さんとその友達の、はっぴ姿の地元の3人の会話が聞こえてきました。

「この子もそのうち馬鹿になるよ。」
「馬鹿?」
「祭り馬鹿、神輿馬鹿。」

こんな風に地元の子たちは小さい頃からずっとお祭りを見て、そのうち子供神輿を担ぐようになって、そして青年になって大人のお神輿を担ぐんでしょうね。
この写真の子は女の子みたいだけど、そんな男の子達を見てかっこいいなと思ったりして、やっぱりお父さんみたいなはっぴ姿の男の子を好きになったりするんでしょうね。
この小さな瞳には、お祭りは、お神輿は、どんな風に映っているのでしょう。

今日のタイトルはaikoのシングル「瞳」より。
お父さんの優しい目を見ていたらこの曲が頭に浮かびました。


« 木村伊兵衛の下町の人 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/56272144

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 木村伊兵衛の下町の人 | トップページ | »