« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

シンガー&ソングライター

Dsc_9669

(Nikon D80)

佐野元春のインタビュー記事が載っているというので「TV Bros」を買ってしまった。
TV雑誌をお正月意外で買うのは初めてです。
佐野元春の考えてることとか言葉、とても興味深い。
曲全体はもちろん、その独特な詩の世界が時々超ストライクでドキュンと入ってくるので、それを書く人のことをもっと知りたい。
そんな佐野元春、最近NHKでザ・ソングライターズがまた始まったので観たり、アルバムのライナーノーツとかを読んだりしていると、この人はすごくいろいろなことを考えて詩を書いたり曲を作ったりしているのだなぁと思う。
ザ・ソングライターズは特に詩に焦点を当てて、毎回様々なソングライターズ達が登場して佐野元春と詩について語る。とても面白いし、初めて分かることも沢山あるし、とにかく観ているとスポンジが水をぐいぐい吸い込むみたいに一語一句吸収したくなる。
今回のTV Brosのインタビューはその番組について語られれているのでぜひとも読んでみたかった。
最近あんまりなかったけど、久し振りに、とにかく知りたいと思う人出現だ(ほんとの昔からの佐野ファンには、今ごろ気付いたの?遅いよ!と言われそう(笑))。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

ハチミツとクローバー

Dsc_9686

(Nikon D80)

猫ちゃんの表情を見て、
映画「ハチミツとクローバー」の中で桜井翔くんがはぐちゃんを初めて見た瞬間、
加瀬亮が「人が恋に落ちる瞬間を 初めて見てしまった」と思う台詞を思い出した。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

Deeper

Dsc_9683

(Nikon D80)

静かに秋は深まって
静かに夜は更けてゆく

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

きみと僕

Dsc_9667

(Nikon D80)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

秋のせいなの。

Dsc_9641

(Nikon D80)

食欲の、秋・・・。
食欲の、秋・・・。
食欲の・・・・・。

おれ大きいから
いつも、もうあんまり食べちゃだめって言われるんだけど・・・。
でもね。秋だし。食欲の。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

こんぺいとう

Dsc_9667

(Nikon D80)

小さい頃読んだマンガに
花の砂糖漬けをケーキの上に飾る場面があって、
そのケーキがとってもかわいくてよく眺めていた。
そんな場面を思い出すような金木犀の花。
今日の雨で あちらこちらで見かけました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

猫の美点

Dsc_9637

(Nikon D80)

僕を思い通りにしようったって、そうはいかないぜ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

Dsc_9580_edited1

(Nikon D80)

シャ・ラ・ラと風が過ぎて行く

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

Rose

Dsc_9615_edited1

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

東京のカサノバ

Dsc_9636

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

すくいとる

Dsc_9608

(Nikon D80)

心に引っかかったものを撮ればいい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

Swing,Swing

Dsc_9610

(Nikon D80)

薄いブラウスが揺れる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ガラスのジェネレーション

Dsc_9606

(Nikon D80)

「つまらない大人にはなりたくない」

そんな風に思っていた時もあったな!
その気分 思い出した。

                 (佐野元春 「ガラスのジェネレーション」一部引用)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

Dsc_9447

(Nikon D80)

空飛ぶ鯨の夢など見ている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

SABADO 2012

Dsc_9572_2

(Nikon D80)

都写美に行った日に、ギャラリーコスモスで開催中の「SABADO 2012」も観に行ってきました。
「SABADO」のグループ展は好きで、初めて観た時からほぼずっと行っている気がします。
なんといってもプリントがきれい。
きれいで、黒も良くて、デジタルなんてやってるのが嫌になってしまう位です。
(どんなにデジが進化しても、やっぱり写真の王道はフィルムだと私は思う。)
被写体にも刺激を受けるし、いいなと思う写真が沢山ある。
私は割と感覚の人間なので観たものを理論的に考えたり、分析して応用しようとしても出来ないのだけど、ただ、今自分の中にインプットされたイメージや無意識に湧いてきたインスピレーションがいつか自分の写真のどこかにアウトプットされるのを(多分何かしら影響を受けて写真に出るだろう。)楽しみにしていようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

都写美の2展

Dsc_9584

(Nikon D80)

先日 広尾に行ったので、ついでに恵比寿に寄って都写美の繰上和美「時のポートレイト」と「機械の眼 カメラとレンズ 平成24年度東京都写真美術館コレクション展 」を観てきました。

繰上さんの写真は昔のSwith(雑誌)で見たりしてポートレイト等好きだったのでとても楽しみだったのですが・・・。一言、「微妙だった」・・・と言っておこう(いつもはあまりこういうことは書かないようにしているのですが、あまりに・・・だったので書きます。)。写真、セレクト、展示の仕方、いろいろな意味で。(展示の仕方については、「贅沢に都写美の展示室を使った」という表現をされている方あり。いい風に解釈した場合はそうとも言えるかなぁ・・・という感じです。)
観に行った方はどう思われたでしょうか。
いつかどこかで聞く機会があったら聞いてみたいです。ものすごく。

いつもは観たいものだけ観るのですが、今回なぜかコレクション展の方もチケットを買って観てみました。こちらの方がよかったかな。初めてメイプルソープのプリントを観ました。やっぱりとてもきれいでした。モチーフが本当に美しい。こう見える目、見つける目が欲しい人はきっと沢山いるでしょう。間近で、ちょっと離れて、じーっと観ました。
木村伊兵衛の写真では、また、観てしまった・・・「N夫人」(写真家・中山岩太さんの奥様)。なんだかんだ言ってもう観るの3回目位。いつ観てもすごいオーラ、雰囲気を醸し出していらっしゃいます。横山大観のポートレイトもやっぱり観るのが3度目位だけど、こちらもいい勝負(でもちょっとの差でやっぱりN夫人の勝ち)。二人共普通じゃない存在感。(そんな風に、存在感まで写せるようになりたいものです。)あとは、好きな、隅田川の川沿いの工場の煙突3本が川に映ってユラユラの写真もあり、あーやっぱりこれどこか好きだなと観てきました。
篠山紀信の写真は広告写真なのでしょうか。とてもインパクトと勢いのある一枚。
アービング・ペンの写真にはインスピレーションをいただきました。
いろいろな写真があって、勉強になりました。
写真展はいいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

Backschon

Dsc_9587

(Nikon D80)

何年か前、銀座のシャネルのギャラリー(ネクサスホール)に写真展を観に行った時、とてもすてきな40代位の着物の女性がいらしたので思いきって声をかけて(!)後姿の写真を撮らせていただいたことがありました。
ギャラリーの中は薄暗いせいか、残念ながら私の力不足でせっかくの写真がぶれてしまいこのブログに写真を載せることは出来ませんでしたが、後姿もとても美しいすてきな人でした。こちらが写真を撮らせていただいたのだからお礼をいう方なのに撮り終わった後「ありがとう」と言ってくださってとても嬉しく、ちょっと照れてしまったのを覚えています。
後姿まで美しい人は、美人の上級者です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

Dsc_9577_edited1

(Nikon D80)

街は様子変えて僕らを包む 街路樹の匂いもちょっとずつ変わってく

                      (小沢健二 「ドアをノックするのは誰だ?」)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

Polka-dot

Dsc_9582

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

Ballad

Dsc_9476p_edited1

(Nikon D80)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

よくある話

Dsc_9516

(Nikon D80)

ねこ「えーと。
    おれ、何をしにここに来たんだっけ・・・・・。
    いいこと思いついて走ってきたはずなんだけど
    走ってるうちに分かんなくなっちゃったんだよね・・・(汗汗汗)。」

私  「大丈夫。よくある(?)ことだよ。」

この間、忘れたことを分かっているうちはまだ大丈夫、と、人にさり気なく慰めていただきました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

Traveling

Dsc_9490_2

(Nikon D80)

目的の場所まで

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

yume

Dsc_9550

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

Dsc_9527_edited3

(Nikon D80)

悪女になるなら月夜はおよしよ素直になりすぎる

                                   (中島みゆき)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

ウイスキーがお好きでしょ

Dsc_9479_edited1

(Nikon D80)

ウイスキーがお好きでしょ
もう少ししゃべりましょ

この目で見つめられて逆らえる雄猫はそうそういるまい。


| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

Dsc_9506_2

(
Nikon D80)

雨の夜。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

“U18 for Free”

佐野元春の冬のツアーの、ある企画がとても格好いい。
皆さんもしかしたらうすうす気づかれているかもしれませんが、最近、佐野元春にはまっています。
正確には、昔から好きだったんだけどそこに自分で気がつかず、最近気がついた(にぶい。)→再確認の為に聴き始めたらやっぱりどれも好きな事が分かり、どんどん加速度をつけてはまっていっている・・・という感じ。
そんなある日、HPにこんなメッセージを発見しました。

「僕がロック・ミュージックを知ったのは中学生の頃だった。
初めてライブを見たのは高校生のときだった。一気に世界が広がった。
もし君が18歳以下でロックンロールが好きなら、僕のコンサートに招待するよ。
家族や友達と一緒に来てほしい。会場で会おう」。
                                       佐野元春

「2012年12月からスタートする佐野元春 & コヨーテバンドの冬ツアー。
6歳から18歳までのキッズ、学生、社会人を対象に、
全額キャッシュバックをおこないます。各会場限定数での実施となります。
みなさんのご参加を待っています。」(HPより)とのこと。
(補足すると、上記HPの記事の、各会場現定数は50名。そこまでが全額キャッシュバックとなりますが、50名に達した時もそれ以降の方には3,000円のキャッシュバックになるそうです。)

なにこれ!むっちゃ格好いいんだけど!
そう。高校生くらいの時、コンサートのチケットは当時の自分にはすごい高かった。他にも交通費だってかかるし、何着てこう?と思うと服も買いたくなるし(だって、好きなアーティストに会いに行くんだから。変な格好じゃ恥ずかしいよ。)コンサートに行く、ってことはかなり金銭的にエイヤッと思い切らなければいけないことだった。
佐野元春はそんな若い子たちに会場に行って生で音楽を聴く楽しみを、好きなアーティストに直に会う感激を、同じ音楽を愛する人たちと時間を共にする幸せを知るための敷居をヒョイッと低くしてくれようとしているのだ。なんて素敵な大人なんだろう。
なんだか、ますますファンになりました。
こんな人がいてくれたら世の中捨てたもんじゃないなと思いますね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »