« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

Boy's Life

Dsc_9471_edited1

(Nikon D80)

「KIDS」じゃなくて「ガキんちょ」な感じがするなぁ(笑)男の子は。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

Dsc_9445

(Nikon D80)

どこかで風の音。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

星のかけらを探しにいこう

Dsc_9463_2

(Nikon D80)

雨の日には
雨と一緒に落ちてきた星のかけらが見つかるかもしれないよ

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

Cozy Blanket

Dsc_9463_edited1

(Nikon D80)

朝晩涼しくなってきたので、昨日Afternoon Teaでハーフサイズのブランケットを買ってきました。
ブラウンとこの色で迷ったのですが、色味のあるこのピンク色にしました。
やっぱり暖色はいいですね。
そこにあるだけでその周りが暖かくなるような気がします。
さあ、これをかけて本でも読もうかな。
また台風が来るようですが、ブランケットがあれば雨の夜もぬくぬくと暖かく過ごせそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

花とねこ

Dsc_9448

(Nikon D80)

強面だけど、心はピュアな俺。
花が好きで、毎週日曜日はNHK「趣味の園芸」を欠かさず観ています。(5歳・東京都)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

Autumn

Dsc_9454_2

(Nikon D80)

秋めく街
森が紅葉するように
女たちも次第に秋の顔になる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

Dsc_9450p_edited1

(Nikon D80)

月あかりの下では どんな夢を見るの

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

All our best!

Dsc_9438_edited1

(Nikon D80)

日常はとても不確かで掴みきれないものだけど
私たちは勇気を持って歩を進めていく

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

Dsc_9425_2

(Nikon D80)

ようやく秋の入り口にたどりつきました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

ルデコ

Dsc_9437_edited1_2

(Nikon D80)


渋谷のギャラリー ルデコで開催中の、ワークショップ2Bグループ展「感光」(2F、3F)と「FOUR TIMES」(6F)を観てきました。

6Fから段々降りてくることにしたので、まず6Fの印象。入ってすぐに、やっぱりちゃんとプリントしたものはいいなぁ~と思いました。自分はデジタルをやっているけれど、やっぱりフィルムで撮ってプリントしたものが一番美しいと思います。
ここでは平良さんという方の写真の中の花のモノクロの写真が一枚良かったのと、SABADOでもよく写真を拝見する中西さんのモノクロの写真が、いつもかっこいいのですが今回もやっぱりかっこ良かったです。特に中西さんの一番左の葉っぱの写真が好きです。黒の具合も。

2、3階の方は、「町子さん」(確か・・・。名前を違って覚えていたらすみません)という身近な女性を撮ったシリーズが、とてもいいと思いました。
あとは名前は忘れてしまったのですが、被災地の瓦礫と思われるものが写った写真があり、(これも記憶違いだったらすみません。最近、どうも記憶に自信がありません。)これが瓦礫か・・・。と言葉も無く見てしまいました。

昔は全員A4の白い紙にシンプルに書かれていたキャプションも、今回は黒い地に白い文字のものや、手書きのものもあって個性豊かに展示されています。
キャプションにも思い入れがあって、写真と、全部含めて作品です。
読んでから写真を見ると一層理解が深まって見ることも楽しくなります。
2Bのグループ展は熱い気持ちがギューーっと入っているのが分かるので、もう何がいいとかではなく愛おしい感じがします。
色々なタイプの写真があるので、楽しいし見ている方も勉強になるのがいいところだなぁと思います。

展示は今度の日曜日まで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

色づく街

Dsc_9422

(Nikon D80)

いつの間にかたわわに実って
いつの間にか秋の色になっていく

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

Lady Lemonade

20120706183658

(写真 by.ケータイ)

晴れたり、雨が降ったり。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

Dsc_9422_edited1

(Nikon D80)

夜になる一歩手前の、青く染まる時間。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

Dsc_9413

(Nikon D80)

こんな顔できる俳優とか あんまりいない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

Dsc_9394

(Nikon D80)

やさしい雨が降っている
騒音も静けさもひとかたまりの灰色の中

                           (銀色夏生 「やさしい雨」より)

Dsc_9395

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

Do You Love Me?

のんびりyou tubeを観ていた時にみつけた懐かしい一曲。
映画「Darty Dancing」の中で使われていて、好きだった(サントラをダビングしてしょっちゅう聴いていた)。
豊かでハッピーな60年代のアメリカ、ポニーテールとソーダファウンテンのアメリカ、という感じで、聴いているとだんだん楽しくなってくる。
動画はうしろのおじさん(おにいさん?)達がアメリカ版パパイヤ鈴木とおやじダンサーズみたいで、なんだかいいですよね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

名残り

Dsc_9310

(Nikon D80)

思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ

そんな俵万智の短歌は
今ごろの季節の歌なのかなあ。
というようなことを考えながら歩く 9月。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

Seventeen's Map

Dsc_9174

(Nikon D80)

この間 橋口譲二さんの「十七歳」の事を書いてから、尾崎の「十七歳の地図」が頭の中を流れて止まらない。
懐かしいな。尾崎。
「半分大人のSeventeen's Map」。
やっぱり聴くと血が騒ぎ(?)ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

Back to the street

Dsc_9313_edited1

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

浅草 16

Dsc_9234_edited1

(Nikon D80)

橋口譲二さんの「十七歳」という写真のシリーズを知ったのは、80年代の、雑誌Switchでだったと思う。
被写体は全国各地の男の子と女の子。共通点は十七歳ということ。
大人びた都会の女の子、素朴な真面目そうな男の子、同じ年に生まれて同じだけ生きてきたとしても決して同じじゃない。
いろいろな環境、いろいろな子がいて、何か言葉にならないキュンとなるものがあった。
電車に乗っていてマンションの明かりが沢山ついているのを眺めているとなんだかわからないざわざわとするものがある。そこにはいろんあな暮らしがあっていろんな事を考えている人がいる。
暖色の蛍光灯の明かりや風に揺れるカーテン、開いた窓からちょっとだけ覗く、ビールひっかけ野球観戦中のお父さんの足。今はまだこのわけのわからないキュンとする気持ちを言葉に置き換えることが出来ない。ただ、もしかしたら、「十七歳」の写真を見た人は何か感じるかもしれない。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

夜のオリジナルラブ

Dsc_9385

(Nikon D80)

今、あるブログで、夜をテーマにして一人5曲オリジナル・ラブの曲から選曲、それを集計する、という楽しい企画が行われているので私も参加してみました。
「今回のテーマは「夜」。オリジナル・ラブと切っては切れない「夜」がテーマです。夜な歌詞でもいいし、自由な解釈での夜のオリジナル・ラブの5曲をTwitterにて選んでもらってます」とのこと。

一番に浮かんだのは「夜とアドリブ」。これ大好きなんです。
あの世界は、田島の世界の真骨頂のひとつ。
次は「アダルト・オンリー」。これも、家でCDで聴いてもいいのですが、真っ暗な夜の深海のような照明を落としたライブの中で聴くと最高。
あとは「流星都市」。これもいいんですよね~。
夜の首都高速をスピードをちょっと落として、時々現れる東京タワーを眺めながらゆったりと走りたい。
あとは車の速度早めて「夜をぶっとばせ」、それからやっぱり昔の曲だけど「月の裏で会いましょう」を私は選びました。

でも、オリジナル・ラブは他にも夜のいい曲いっぱいで、本当ーーーに悩みます。
昨日も、「スクランブル」もよかったなとか、やっぱり「月に静かの海」や「接吻」(←王道?)も入れたいよねとか、そういえば「BLUE  TALK」や「愛の薬」もいいよなー、とか、ちょっと時間があるとまた無意識に考えてました。
田島がすごいと思うのは、これらのどの曲も、他の人が歌ってもまったく田島にはかなわないということ。前に、フジの「僕らの音楽」で秦基博が「接吻」を歌っていたけれど、全然、田島の足元にも及ばないという感じだった。この人(秦基博)にはこの人の良さがあるのだけど、少なくとも田島の曲は歌えない。という感じだった(秦基博ファンの方、ごめんなさい。)。やっぱりこの声このキャラじゃなくちゃね。という個性とか良さを、生まれつき持っているんだなー。と思う。あと、才能も!

自分がすごい好きな、熱狂できるアーティストがいるというのはシアワセです。

(今日の写真の花は、最近のアルバム、「ひとりソウルショウ」のジャケットで田島が着ているシャツの色みたいだったので写真に撮りました。田島、こういうの似合う。)

下の動画は昨日思い出した「スクランブル」。
この曲のように若い頃の田島は今より声の線が細い。
この昔の声も今の声も、どちらもいい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

キオク

Dsc_9307

(Nikon D80)

肩までの色は夏の記憶。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

雨の日に思い出したら

Dsc_9367

(Nikon D80)

雨が降ったりやんだり。
スーパーからの帰り道、ぶらぶら歩きながらふと思う。
「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」(2008年 ルミネ)は、やっぱりすごいコピーだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

天才、アラーキー

Dsc_9353

(Nikon D80)

この間図書館で何気に新書を見てみたら、荒木経惟さんの本「天才になる!」があったの借りてきて今読んでいます。
すごく面白いです。
写真の事という意味だけではなくていろいろ目からうろこなことがあって、その辺にあったレポート用紙をとりあえず手でビリビリと切って挟んでいたらレポート用紙だらけになってしまいました。

生い立ちから載っていて、小さい頃の写真や高校生の頃の写真はなんだかかわいい。お父さんが自分の子供たちの中で特別荒木さんをかわいがったという話も分かる気がする(お父さんも荒木さんに似てる。)。
今はまだ写真家になるまでの話の所を読んでいるところなのですが、考え方とか行動が面白いです。魅力的な人ですね。女の人を撮る男の人は絶対にモテる人だ(そういう人でないと撮らせてもらえないからという理由だったような?気がします。あとやっぱりそういう人は女性のいい瞬間や顔を捉える天性の勘を持っているのでしょうね。)、と、確か渡部さん(渡部さとるさん)が言っていたような気がするのですが、この人と森山大道を見ると「確かに・・・・・。」と深く頷いてしまいます。

実は、多分私が一番最初に行った写真展はこの人と桑原甲子雄との写真展「ラブ・ユー・トーキョー」(世田谷美術館)。
その頃は写真はまだ撮っていなくて、この二人の事も知らなくて、今となっては何で観に行ったのか全く思い出せないのですが出かけて行ったらエントランスで沢田研二の「TOKIO」がワーッと流れていてすごくわくわくしたのを覚えています。写真はよく分からなかったけど写真展は迫力があって面白かった。

昔から何故か、椎名誠は中央線に乗っていればいつか会えるような気がしているのですが、この人も新宿あたりを歩いていたら会えるのではないかと勝手に想像を巡らせています(どこかの町での目撃情報は聞いたことがあります。確か、道一本歩いてくる間に何本もフィルム撮っちゃってたとかなんとかそんな話。)いつか偶然会えたらササッと内緒で素早く(でも結構大きく)撮ってみたい人です。

なんだか文章にまとまりがなくてすみません。
私は一人っ子なのですが、この間TVで誰かが「一人っ子は話にまとまりがない」だか「おちがない」だか言ってました。確かに・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

Dsc_9372_edited2

(Nikon D80)

今日は雨に濡れている

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

夢売る女と夢見る女

Dsc_9328_edited3

(Nikon D80)

いつもビル・ゲイツやヒルトン姉妹やイチローをTVで観ていて思う。
そんなにお金持ってるなら、少し私にくれればいいのに。

でもくれないので(そりゃそうかも。)宝のくじで夢を見る。
いつか億万長者になれますように。
それが無理なら、2000万位でもいいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

Dsc_9328_edited2

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

Dsc_9329_edited1

(Nikon D80)

たしかマドラスチェックのブレザー着てたわ

                          (松田聖子 「マドラスチェックの恋人」より)

まだまだ猛暑日が続きますね。
涼しげな服の人を見ると一瞬ほっとします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

おとうさん

Dsc_9343_2

(Nikon D80)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

Dsc_9332_3

(Nikon D80)


今日の夕方、久し振りに虹を見ました。
最初携帯で写真を撮ったのですが、カメラも持っていたのでカメラでもパチリ。
私が写真をとっているのを見ていた大学生くらいの男の子が、ちょっと離れた所でやっぱり携帯で写真を撮っているのを見て、いい情報を送って喜んでもらえたみたいで嬉しくなりました。

それにしても本物の虹をちゃんと目で見るのは本当に久し振り。
思い出してみると、しっかりと覚えているのは1992年とか1993年くらいにテニスをしに行った日の帰り道。
その後は見たのかもしれないけど記憶がないから、本当にさっきのが一番最近だとすると20年振りくらいなんですね。びっくりです。

虹を見ると気持ちが上がりますね。
9月の初め、幸先がいいぞ、という感じです。

それと気がついたのは、いつも「この人何撮ってるんだろう?」「なんで人を撮ってるの?」というような写真ばっかり撮っているので、虹や桜やきれいな景色なんかを撮るのは誰もが撮っている姿を見て納得するシチュエーションで、撮る方もストレスがなくて気持ちが本当に楽だということ(笑)。

いい夕方でした。

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »