« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

イッツ・オールライト

今年の夏、彼女の浴衣姿にドキーンとしたあなたにも
早朝なぜか道路の真ん中で目を覚ました予備校生のあなたにも
毎日穏やかに麦茶を飲んで過ごしたあなたにも

同じように太陽と月が廻って今日で今年の夏はお開き。
いろんな夏がありますが、イッツ・オールライト。
「イッツ・オールライト」、いい言葉です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

娘たちよ!

Dsc_9327_edited1_2

(Nikon D80)

お父さんは、いつも枝豆食って野球観て、巨人が勝ったら一人で踊ってるだけの男じゃないんだ。
昼休みにほら、こんな風に、考えてることもあるんだよ。
え?今考えてること?
今日の昼は、暑いから蕎麦にするかカレーにするかだけど・・・。
何か文句あるか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

Dsc_9321

(Nikon D80)

あの人は 他の人とどこが違うのだろう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

Let's go to the sunny side of the street.

Dsc_9312

(Nikon D80)

明日に向かってキラリ。

(注:タイトルの英文違っているかも。自信なし。)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

Voices of a Summer Day

Dsc_9306_edited3_2

(Nikon D80)

セミ・セミ・オーケストラも
街路樹の葉を風が揺らす音も
コップの中の氷がぶつかる小さな音も

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

The Girls in Their Summer Dresses

Dsc_9314

(Nikon D80)

アーウィン・ショーの短編小説「夏服を着た女たち(The Girls in Their Summer Dresses)」を初めて知ったのは高校生の頃だったか。
常盤新平の訳だった。
夏に 眩しいほどに輝く夏服の美しい女性を見ると、この短編をふと思い出す。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

「moiré -モアレ-」

Dsc_9311

(Nikon D80)

銀座 ニコンサロンで佐野久里子さん写真展「moiré -モアレ-」を観てきました。
モアレってどんな意味なんだろう?と思っていましたが、キャプションを読んで分かりました。
キャプションがいいですね。
以下、ニコンサロンHPより。

  この世界のものはすべて、誰のものでもなく
  目に映るものは全て、ただそこのあるだけだ

  私は、焦点の合わないまま、それを漠然と見ている
  見えているものの輪郭が鮮明に浮かび上がるとき
  不確かな感覚が、確かな感覚へと変わっていく

  目に映る様々なものが、重なり合い、強め合い
  新たな波紋-モアレ-を生じ
  私を何処か自由なところへ連れて行く

  それは、白磁に触れたときに熱が冷めて行くような
  頭が冴えていく感覚に似て
  細月の刃先のように
  儚さを圧倒し、美しいだけではない
  誰をも、何をも、寄せ付けない孤高な存在に思えてくる

  それを絶対的な、私のものとして捉えたい

落ちた花が沢山集められている写真が一番気になりました。
私もここにいてこの花の写真を撮りたい、と思いました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

お疲れさまのくに

Dsc_9308_2

(Nikon D80)

金曜日は街に疲れている人が多い。

          *          *          *

私は今日、歯医者の治療が怖すぎて疲れました・・・。
いつも歯医者が怖くて虫歯になってもなかなか歯医者に行けず、その結果虫歯がすごいことになってしまい(今回もすごいことになっていた)治療が大変になる(怖くなる)・・・という悪循環なのですが、どうしてもどうしても、なるべく歯医者には行きたくありません。
痛くない歯医者、歯を削る音のない歯医者、とにかく怖くない歯医者が出来てくれたらいいのに。もう21世紀なんだし。それだったら、行ってもいいです(偉そう。)。

| コメント (2) | トラックバック (1)

浅草 15

Dsc_9221_edited1_2

(Nikon D80)

浅草の鳩は写真に撮られ慣れているのではないだろうか。
首をかしげてカメラ目線。
若干、ポーズまでとってくれた。
この鳩は聞いたらお薦め観光スポットまで教えてくれそうな顔をしている。
下町では、鳩まで親切なのである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

浅草 14

Dsc_9224_edited1

(Nikon D80)

「こんな季節に靴下なんてとても履いていられませんよ。」
「おや、あなたも。」

そしてみんな石田純一になった。

Dsc_9189_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

朱夏

Dsc_9299_edited1

(Nikon D80)

この暑い季節の
ジリジリする感じ

| コメント (0)

2012年8月21日 (火)

Io mangio

Dsc_9297

(Nikon D80)

食べることは 全ての源である。

私は夏バテしたことありません(暑さには強いらしい)。
夏も結構もりもり食べてます。
今、食べているものが、数年後の体になるらしいので
沢山食べましょう。皆さん。
力が出ないとカメラのシャッターも押せなくなっちゃいます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

はんなり

Dsc_9299_edited1

(Nikon D80)

舞妓さんのかんざしみたいな可愛い花が
夕方の風に揺れていた。

| コメント (4)

期待

秋の口紅の新色が9月に出ると、この間ディオールで教えてもらった。
何日か前に、デパートから、年に何回か届く化粧品のカタログのようなものが届いた。
(最近メイクの雑誌は買わなくなったけど、きっと今ごろ紙面では秋の新製品が賑やかに特集されていることでしょう。)
いろいろなブランドの秋の新製品を眺めているとそれだけでワクワクしてきて、それを使いさせすればきれいになれて、沢山のすてきな出来事に出会えるような期待でいっぱいになる。

今は、海で夏の潮風を感じながらも次の季節への期待をしているような、ちょうどこの美穂さんのCMのような時期。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

正解

Dsc_9303

(Nikon D80)

ジリジリ太陽。
暑くなければ夏じゃない。
これでいいのだ。

          *          *          *

日焼け止めを顔以外にしていなかったら
ある場所で「何か(スポーツとか)されてますか?」と言われてしまい、焦る(買いものに行く時自転車乗ってるだけなんだけど)。
顔以外用の日焼け止めを買ってきて自慢したら、家族に「今ごろ・・・・。」と言われた。

| コメント (0)

2012年8月18日 (土)

丸いところ

Dsc_9259_edited3

(Nikon D80)

朝晩少ーし涼しくなりました。
こないだみつけたここ。ここね。
この丸いとこが、夕方いちばん涼しくなるんだよ。

| コメント (2)

2012年8月17日 (金)

浅草 13

Dsc_9183_2

(Nikon D80)

まだまだ暑い毎日です。
少し前から塩野七海さんの「ルネサンスの女たち」を読んでいます。
本の中に出てくるのは15世紀後半から16前半にかけて生きた4人の女性たち。
とてもとても面白く興味深いのですが、なにしろ皆さん大変な人生で、一人読み終わると、「ふう・・・。」と深呼吸して少しの期間休憩をしなければいけない位濃い一生です。

歴史に名が残る人の中には、歴史の表舞台に出てくるために生まれてきたような人もいるでしょう。でも、中にはごく普通の平凡な人間なのにもかかわらず生まれた家、家族が普通ではなかったために華やかな舞台に駆り出され、波乱万丈な人生を歩まねばならなかった人もいます。本の中にもそんな女性も出てきます。

後の時代の人が振り返って冷静にみるとなんて大変な人生だったんだろうと思うような日々も、彼女たちはどうにか智恵を絞り勇気を出して乗り切りました。
真冬の頃のことを春に考えるとなんて寒い日々を自分はどうにか過ごしたんだろうと思うように、渦中にいる人は案外それに気がつかずただ懸命に過ごすだけしかできないからどうにか乗り越えられたのかもしれませんが、歴史に名が残ったりその周辺にいる人たちの人生というのは途方もなく大変なものです。
望んだ、望まない、にかかわらず、ルネサンスという大きな時代のうねりの中で強く生きていたこの4人の勇敢な女性たちに感服し、一人読み終わる度にぼうっとしています。

(今日のBGM:アニメ「ベルバラ」の主題歌)

| コメント (0)

2012年8月16日 (木)

浅草 12

Dsc_9202

(Nikon D80)

この時期、一瞬だけ金魚になってみたい人続出。
水槽は狭いからプールに行こう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

Dsc_9298_2

(Nikon D80)

真新しい花たちが一斉に目を覚ます賑やかな夏の朝。
その少し前の一瞬、美しい静寂。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

グレートサミッツ

Dsc_9250

(Nikon D80)

雑誌「F5.6」を立ち読みしてきたら、ライカが欲しくなってしまった。
ライカが欲しいのは昔からだから、正確には、無理矢理眠らせていた物欲が眠りから目を覚ましてしまったという感じ。
ライカのレンズで撮った写真の透明感、モノクロの時の艶っぽい感じはたまらない。

清家(セイケ トミオ)さんがF5.6にも文章を書いているのを初めて知る。
数枚のモノクロの写真を見て、やっぱり清家さんはモノクロだなぁと思う。
そして同じようにモノクロで撮ってみたくなる。
なかなか思うようには撮れないのだけど・・・。
この間NHKの山の番組「グレートサミッツ」を観ていたら、スイスのアイガーの東山稜を初登攀した明治生まれの登山家 槙有恒が、そのアイガーに向けた言葉が紹介されていた。
「我は定めなき道に、ただ行く限り汝が幻を憧れ、追うであろう」
写真も、なんとなく同じだなぁと思った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

Curious Eyes

Dsc_9296_edited3

(Nikon D80)

人を動かす大いなる原動力の一つ。
好奇心。

| コメント (0)

2012年8月12日 (日)

夏の勢い

最近よくサビの部分が頭の中に流れていて、この曲なんだったっけ・・・と思っていた曲が分かってすっきりしました。
この曲でした!
特にGLAYファンではないけれど(でも、TAKUROは優しそうで好きだった!今もこれ観たらいいなと思った。)、この曲はやっぱりいい曲だったんだなぁと聴いていて思った。
夏の勢い、動き出す疾走感、毎日が楽しくて仕方がないドキドキがいっぱい詰まってる。
ワクワクさせてくれる曲は昔の曲でもあらためて聴いてみるとやっぱりいい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

暑い日

Dsc_9279

(Nikon D80)

さっき鳩が水浴びしてたよ。

Dsc_9280

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

Nice to meet you.

Dsc_9298_edited1

(Nikon D80)


今年の夏この少女に会いに行かずに過ごしてしまったとしたら、後悔してもしてもしてもしてもしきれなかったでしょう。
無事観に行けて良かった。リニューアルオープンしたばかりの東京都美術館で開催されている、「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」、少女はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。今日、観に行ってまいりました。

古今東西いろいろな絵画、美術展がありますが、こんなにウキウキした気持ちで美術館に行ったのは初めて。今までも美術館に行くのに気が急いてしまうものはありましたがそんな中でもぴかいちです。やっぱり美しい少女はみんなの心を浮き立たせるのでしょうか。

いろいろあった展示の中で、特に印象的だったのは2枚。
「真珠の耳飾りの少女」と、レンブラントの最晩年の自画像です。

「真珠の耳飾りの少女」はもう、感激しました。
ああ、観れた。これがあの少女か。・・・と鳥肌です。
会場の中で少女の絵は一枚で大きな一部屋を与えられているのですが、それがまったく大袈裟でない。そのスペースを充分満たしてまだ余りある存在感でした。
絵にたどり着くまで、まるで傾斜のない「いろは坂」のように沢山のクネクネした通路が作られているのですが、それも良かったです。何故ならそのいろは坂を歩きながらずっと、チラチラと少女の絵が観られるのです。遠くから、斜めから眺めてシアワセな気分でした。
すぐ後ろのおばさまたちの話声が聞こえてきます。
「すごいわねぇ。目が。」
「どこに行ってもこっちを見てるのよね。お月さまみたい。」
お月さまですよ・・・!皆さん。
いい例えですね。私はすっかりこの例えが気に入ってしまいました。
美術展では他のお客さんの話をこっそりと聞くのも楽しかったりします。
いろは坂をずんずんと進んでいくと、いつか少女のまっ正面にやってくる時が来ます。
止まらずに、ずっと歩いて流れながら観ていくというような形ではあるのですが、もう私は目が逸らせず、ずーっと目を合わせていました。
今、世界で一番この絵に近い場所にいるのだ。
一番近くで目を合わせているのだ。
そう思うと嬉しさでいっぱいになるのでした。
数百年前の絵なのに、絵だからこそ、少女は永遠です。
唇は瑞々しく、真珠は指定席彼女の耳におさまり、光は少女の上に踊る。
すごいな。世界中の人を魅了する圧倒的な魅力を直に感じることが出来てとてもとても嬉しかったです。

レンブラントの自画像は、巨匠最晩年の絵だけに、ものすごい迫力、力を持っています。
実はこの絵もお月さまで、どこから見ても目が合います。だけど、右から観るのと左から観るのと表情が違う。
でも、どちらからでも、見つめ合っていると何か訴えているようです。
何を感じるかは観る人それぞれだと思いますが私はあることを言われた気がしました。
通り過ぎて振り返ると、今度は違う表情でこちらを見ています。「本当にそうなんだよ。」とさっきのことを言っているような顔。いろいろ考えさせられる一枚でした。

他にも沢山の絵があります。ブリューゲル、ルーベンスもあるし、自画像以外にもレンブラントの印象的な光を観ることが出来ます。盛り沢山のマウリッツハイス美術館展、とても楽しかったです。

また、今回の展示は美術館のリニューアル後初めて。何が変わったって、館内の展示スペースを上がる時に以前は階段だったのに、エスカレーターが出来たのが私には一番嬉しかった。東京都美術館って外から見ると一見小さく見えるのですが意外と展示にボリュームがあって、その中で階段を上がるのがちょっとつらい時があったのです。リニューアル万歳です。また行くのが楽しみになりました。

マウリッツハイス美術館展は9月17日まで開催されています。

| コメント (2)

2012年8月 9日 (木)

夏休み

学生だけじゃない。
お勤めの人も、もうすぐ夏休み。
普段気を張って頑張っている人も
実家に帰って親にワガママ言うも良し。
枝豆でもつまみながら たまにはゆるーく過ごすのが良し。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

浅草 11

Dsc_9192_edited1

(Nikon D80)

風が吹いている 僕はここで生きていく


オリンピックの放送の前にいきものがかりが歌っている(NHK?)。

ここの部分しか知らないけれどこの一行のフレーズがいいと思う。
(一点、「ここで」というのが気にかかるけれど・・・・・。
 「ここ」にこだわらなくてもいいと思う、どこにいてもあなたが生きていればいいのだ、生きやすい場所に移って行ってもいいのだ(例えば、分かりやすく言うと最近のニュースではいじめとかね。それは逃げではなくて、生きるために前向きに進むことだと思う。)、・・・というのが個人的にはいいと思うので、私だったら「ここで」という歌詞は入れない。)
話がちょっとそれてしまったけれど
生命の力強い息吹を感じる青い草の香りを含んだ風が
暑く乾いた街まで吹いてくるようで いいと思う。

| コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

浅草 10

Dsc_9180_edited1

(Nikon D80)

「ちびまる子」ちゃんに出てくる、たまちゃんみたいな女の子。
ちゃんと笑顔でポーズをとってかわいい。
(中国とかからの観光客っぽい。
一時は減ってしまった海外からの観光客がまた復活してきているのは嬉しいですね。)
たまちゃんの写真を撮るのが大好きなお父さんは仕事で来られなかったから、今日はお母さんがカメラマン。といった感じかな。
ミッキーマウスもキティちゃんも両方好きだから、ミッキーは着て、キティちゃんを被っている。頭いい。無問題、無問題。

ミニ情報ですが、今日8月7日は花輪くんのお誕生日なのだそうです。
花(ハナ)輪だから8.7なのかな。いいお誕生日です。
おめでとうを言ったら、Thank you, baby とスマートに返してくれそうですね(花輪ファン。)。

| コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

Dsc_9251

(Nikon D80)

8月6日。広島の日。雨。
今年こそ、遠い日の今日の、あの雨の本(※)を読もうかと思うけれどなかなか勇気が出ない。
でも知らないことは知ることより怖いことかもしれない。
今の私たちは知っておいてもいいのかもしれない。

こんなことはない方がいいに決まっている。
広島の人々の事を思い、今の日本の事を思い、
もう金輪際こんなことがないように祈る。

(※井伏鱒二 「黒い雨」)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

夏は

Dsc_9177

(Nikon D80)

夏は夜。
月の頃は更なり。
闇もなほ。
蛍の多く飛び違いたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

猫の門柱で涼み眠るもをかし。

                   (最後の一行以外 清少納言「枕草子」より)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

浅草 9

Dsc_9204_edited1_2

(Nikon D80)

進歩しない私。
(よく言えば、ぶれてないとも、言える。)

浅草を歩いていていいなと思って写真に撮ってから、前にもここを撮ったと気がつくことがある。この路地がちょうどそうで、気がつけば意識せずに何度も撮っている。なぜか気になるらしい。
人の好みというのはそんなに変わらないのかもしれない。
十年以上も田島のファンでいるように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

バブルとわたし

Photo_5

(Nikon D80
)

昨日、ローションを買いにいつものディオールのお店に行ったら、4つの質問に答えるとその人に合うフレグランスを答えてくれるというのがあったので質問に答えてみました。
私の好みに合うのは、プワゾンとのことでした(!)。
懐かしいですよね。プワゾン。
バブルの時期、お姉さま方がみんなつけてらした気がします。
駅の階段を上がりながら、目の前のきれいな長い髪のお姉さまから仄かに香る甘い香り。週末は特に。
バブルの香りのイメージ=プワゾンでした。
昨日はお店の方が足にシュッとかけてくれるのを断れず、なすがままにかけてもらって帰途に着くと、電車の中で自分の周りが甘い甘い。暑いのにこんな甘い香りでごめんなさい、と、どこへということもなく謝りたくなってしまう位、香りが立ちのぼっていました。今、この香り、と思うとちょっと恥ずかしかった(あまりにも昔のイメージが強すぎるので)。
でも、家に帰ってみると、25年くらい前の日本が元気だった時代を彷彿とさせるこの香りがとても懐かしく、当時の元気なお姉さま方に「あなたも頑張りなさいよ。」と背中をポンとたたかれたような気分で、悪くない気がしたのでした。
香りって不思議ですね。
形はないのに、存在感はものすごくあって。

(今日の写真は3年位前に銀座で撮ったものです。
 ちなみに、本当にちなみにですが、バブル当時、私はまだこのお姉さんのようには大人ではありませんでした。)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

ジリジリ

Dsc_9239

(Nikon D80)

浅草の写真、まだ結構あるのですが、
そろそろ飽きてきてしまったので今後は普通の写真の間にちょこちょこUPすることにします。

今年は暑いですね。
(毎年暑さが増しているような気が・・・・・。)
太陽がやけるように照っているいることを表す擬音にジリジリというのがありますが、真昼など本当にジリジリという音がしていそうです。
時々、「喉が渇いていなくても何か飲んでおかないとこれは危ないのでは?」と思ったりして意識的に水分を摂るようにしています。
皆さまも熱中症などに気をつけて、楽しい夏をお過ごしください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

浅草 8

Dsc_9223

(Nikon D80)

私が小さい頃、男の子はだいたい野球をやっていた。
そしていつも好きな球団の帽子を被っていた。
この右側の男の子みたいに。

気がつけば、子供界では夏休み。
彼らには今世界がバラ色に見えているに違いない。
羨ましい。

夏は少年を成長させる。
よい夏を送るのだぞ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »