« It's Hard To Be A Saint In The City | トップページ | 「釘づけや。」 »

2012年6月28日 (木)

二十億光年の孤独

Dsc_8984

(Nikon D80)

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或いは ネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひき合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした

                           (谷川 俊太郎)


« It's Hard To Be A Saint In The City | トップページ | 「釘づけや。」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/45981363

この記事へのトラックバック一覧です: 二十億光年の孤独:

« It's Hard To Be A Saint In The City | トップページ | 「釘づけや。」 »