« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

ピザの話

少し前からはまっているピザ作り。
作り方もそんなに難しくない、パンみたいにドライイーストは入れるけど、なんと、オーブンではなくてフライパンとグリル(ガスレンジの、魚を焼くところ)で出来ちゃうピザ。
そして、簡単だけど、NHKの「きょうの料理」のレシピなのできちんと美味しい・・・という嬉しーい・ありがたーいピザです。
みなさん、「きょうの料理」のWeb版、「みんなのきょうの料理」というのがあるのをご存知ですか?有名なレシピのサイト、「クックパット」みたいな感じに、いろいろなレシピが素材ごとに探せてナイスなのですが、このピザはそこに載っていました。

掃除はキライ苦手だけど、料理が好きな私。
週末にせっせせっせと作っています。
こねていくうちに生地がまとまってくるのや発酵して生地が膨らむのを見ているのもすごく楽しいし、こねるのはなぜかちょっとしたストレス解消にもなります。そして、なんといっても焼きたての美味しいのが最高です。
シンプルにチーズとトマトのマルゲリータもいいし、いろんなものを載せちゃいます。今一番気に入っているのがモッツァレラチーズとベーコン、ジェノベーゼソースの組み合わせです。
すっかりはまってしまい、このピザ用にピザカッターも買いました。
一時期店頭からパンが姿を消した時がありましたが、そんな時にもこれがあれば大丈夫。
水もそんなに使いませんし、作った生地は冷凍保存が出来ます。
楽しい週末にみんなでピザ作り、いかがでしょうか。

レシピはこちら

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

おしゃべりセラピー

人と会って話すことがいいのだと、
書かれていた。
たしかに、たしかに、人と会って話すと
単純に楽しくもあるし、
気分転換になります。

先週、学生の時の友達Mに電話してみました。
(神田先輩、読んでいますか?Mは「み○り○」ですよ!)
超のつく久しぶり。
でもあんまり変わっていなくて、
いまだに箸が転がっても笑っているMに
すごい癒されました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

日々は続く

Dsc_7725_2

(Nikon D80)

しっかりと生きていきましょう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

ordinary life

Dsc_7728

(Nikon D80)

停電になると断水の可能性もあるというので
リスが巣穴にどんぐりを集めるように、少し備蓄。
ほっとした反面、ニュースを観ていると、こんなに買って申し訳ないような気になる。
早くいろんな生活物資が被災地にも届いてほしい。

お店に行ってお金を払えば飲み物や食べ物やいろんなものが買える
それが当たり前の普通の生活だと思っていたけど
すごいありがたいことなんだ、と思う。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

今日のダーリン

今日の、「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さんの文章が
なにかとても心にきたので、そのまま載せます。

(今日のダーリン)より

 じぶんになにができるのかも、よくわからないのに、
 テレビのニュースから目が離せず、
 ツイッターからの情報にも揺れ動いてしまう。
 まともなリズムで眠ることもせずに、
 ない頭をしぼってみたり、こころを痛めてみたり。
 「おちついて」と、おやじぶって言ってますが、
 ぼくにしたって、芯のところは情けないものです。

 ただ、情けないなりになのですが、
 光の方向を向いていようと思ってきました。
 
 ぼくも、ほっとけば、暗くなります。
 悲しいニュースや、悲惨な報告が、
 尽きることなく流れてきますし、
 それをまた、見ることが義務であるような
 不思議な心持ちでいますから。

 深い悲しみや恐怖や、強い刺激に、
 人間のこころは、とらわれやすいんですよね。
 ほっとくと、暗いところばかりに目が行くし、
 そのほうが、ちゃんとしているような気になりやすい。
 だけど、洞窟の闇のなかにいようが、
 射してくる光を見つけないと脱出できない。
 その光の穴から、空気も、希望も出入りするんです。
 
 現地で、外国の人も含めて、たくさんの人たちが、
 自らの不安や恐怖を振りはらって、
 救助や、復旧、安全の確保にあたっています。
 そして、被害の少なかった地域の人たちは、
 「なにをしたらいいですか?」と手を差しのべてます。
 それが光であり、それが希望なのだと思うのです。
 目をそっちに向けよう。
 そこから、じぶんのできることを探そう。
 闇の深さではなく、光の明るさを数えようと思います。
 お見舞いの気持ちと、哀悼の気持ちを持ちながら、
 光の見える方向で、できることはあります。
 まず、現地で救援している人たちの役に立つことです。
 ここではオリジナリティなんか不要です。
 「助け」の助けになることを、しようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

穏やかに晴れる日に

暖かな3月の土曜日。
なのに、昨日の地震で大変な週末になってしまいました。

昨日は本当に怖かったですね。
私は会社が17階にあるので、まさかとは思いますがビルが倒れたらどうしよう?と思うと手が震えてきて、いても立ってもいられませんでした。非常階段を降りて地面に降り立った時は本当にほっとしました。途中、マフラーを落としたけど避難が先!とそのままにしてきました。
とりあえず歩いて帰ることにし、寒かったので、途中、通りかかった「洋服の青山」で\990のダウンのベストを買ってコートの下に着たり、コンビニで念のため飲み物とお菓子、飴をかったり、どうしたらいいのかわからないけどとりあえず出来ることをして。
途中でいろいろな方と話したのですが、落ち着いた方が多かったのは、今思えば「あなたもこの人たちを見習って落ち着きなさい」という神様からのアドバイスだったのかもしれません。
飴を分け合ったり、励ましあったり、いろんな人の親切とかにお世話になったりみんな頑張っているんだと思ったりしてそんなこんなでどうにか家にたどり着きました。

朝から、TVを一日中観て呆然としています。
特に東北の方の被災地の方々のインタビューや映像を観ると目を覆いたくなるほど、今まで観たことがないすごい災害で、阪神大震災の朝TVを観た時みたいに、怖くてあまりものを考えられません。

余震や原発、不安な事もいろいろありますがみんなで声を掛け合って、頑張って乗り越えましょう。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

美しい人

今日からスタートした東北新幹線「はやぶさ」。
新幹線のファーストクラスに相当する、グランクラスの席が話題ですね。

そのグランクラスのCMの吉永小百合さんがあまりにもきれいで、
見とれてしまいました。
晴れやかな春らしい着物がとても似合って、その佇まいはまるで日本画の中から抜け出してきたようです。
美しい人を観る30秒、ちょっとしあわせな気持ちになります。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

It blooms in spring.

Dsc_7716_edited1

(Nikon D80)

冬のコートはもう着飽きて、薄手のトレンチで出かけたらちょっと早かった!

思い出しましたよ。花が開いて行くように少しずつ近づいてくるのが春でした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »