« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

嬉しい贈り物

Dsc_7692_4

(Nikon D80)

幼馴染のひろに子供が生まれたというので、贈り物を買ってきました。
贈り物は本当に悩みます。
ひろの好みが分からないので、誠に勝手ながら自分の好みで買うことにしました。
私は今っぽいものよりもファミリアや銀座のサヱグサのような昔からずっとある普通にかわいいものが好きなので、迷わずファミリアへ。
服と、スタイ(昔でいうところのよだれかけ)と、おもちゃを箱に入れてもらいました。
お店の人に「こんな感じで箱に入ります。」と見せてもらうと、淡い水色の集まり(赤ちゃんは男の子)はものすごくかわいくて思わずホワ~っと癒されてしまいました。
ファミリアの中も、優しい色とかわいいデザインのものが沢山で、いるだけでホワワワ~となり、ちょっとしたアロマなんかよりもひょっとしたら癒されるんじゃないかな~と思ってしまいました。それに、なんといってもおめでたい贈り物というのは嬉しいものですね。こういう機会は何度あってもいいものだな、と思いました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

パーティーはこれから

Dsc_7701_2

(Nikon D80)

いい香りがするので探したら、
玄関にヒヤシンス。

小椋冬美さんのマンガ、Mickeyの中で、普段はまるで女の子らしくない主人公のMickeyが意を決してパーティーへ行くのに「ヒヤシンス色のドレス」を着て行く・・・という場面があって、ヒヤシンス色のドレスってどんなすてきな色のドレスなんだろう?とよく想像したことを思い出した。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

花咲く

Dsc_7681_2

(Nikon D80)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

春待ついぶき

Dsc_7672

(Nikon D80)

静かに

Dsc_7678

息をひそめて待っている

Dsc_7674

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

Sweet Little Sixteen

会社の帰りにバスに乗っていたら後ろの席に2人の高校生の女の子がいて、そのうちの一人が昨日渡せなかったバレンタインの贈り物を男の子に渡しに行くところらしかった。
チョコではなくて、チーズケーキを作ってきたらしい。
もう一人の女の子にバスの中で試食してもらっていた。すごく美味しいらしかった。
渡す方の女の子は、“前はケーキをいろいろ作っていたらしいけど、一度チーズケーキを作ったらすごく美味しいと言われたので、それ以来チーズケーキばっかり作るようになった”らしい。
渡す方の女の子は“緊張で、今、心臓がめちゃくちゃ大きくなっている”らしい。
“甘いものでいっぱいになっている”らしい。
“バスが駅に着いたら、男の子にメールを送信する”らしい。
“もう一人の子に一緒に来てほしい”らしい。
“ミニストップの前で待ち合わせする”らしい。
(“”の中は女の子が言っていた言葉(笑))

聞いているうちに(最初は「聞こえていた」のだけど、だんだん「聞いて」しまっていた・・・!)こっちまでドキドキしてきたよ。

バスが駅に着いた!

メール送信したのかな?
ミニストップの前には、どんな男の子が来るのかな?
いいなぁ高校生!
女の子たちの大きな声を背中で聞きながら、
懐かしいワクワクを思い出した帰り道でした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

雪の朝

Dsc_7656

(Nikon D80)

Dsc_7665

街の雪は足が速い。

Dsc_7655

Dsc_7644

写真を撮っているうちにもどんどん溶けて
何も無かったように元の顔に戻っていく。

Dsc_7650

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

凛として写真を撮る

Dsc_7577

(Nikon D80)

この3連休は天気予報が雪だったりして
そんなに寒そうなら、と、ずっと家に籠っていたくなってしまう。
でも もし雪が降ったら写真を撮るいいチャンスなので
寒くてもカメラを持って外に行かなくちゃね。
もちろん、超モコモコに着こんでいきます。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

「ひとりソウルショウ」at home

大好きな田島(田島貴男)の
「ひとりソウルショウ」(2/8、9 渋谷クアトロ)に行けなかったので、
家でyou tube観てひとりソウルショウ。

何なんだろう?ライブに行けなかった時のこの気持ち。
今度またあったら絶対に行こう。

※.『きみのとりこ』
  original: You've Really Got A Hold On Me
  words & music: Smokey Robinson / William Robinson

  13枚目のアルバム 「キングスロード」に収録

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

春ごはん

Dsc_7591_edited1_4

(Nikon D80)

今日は少し寒かったけど、
もう少ししたら豆ご飯が食べたい。
豆ご飯は子供の頃から大・大・大好き。
(おかずなしで、ご飯だけで3杯くらいいけます。)
白いご飯に緑の豆は、目にも春という感じで嬉しい取り合わせですね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ジャンクフードが大好きだったころ

Dsc_7624

(Nikon D80)

ジャンクフードは今も時々食べるけど、今よりももっともっと大好きだった中学の時の同窓会がありました。
中学の同窓会といっても、クラスではなく、学年全部での集まりです。
いったいどれくらいの人が来るんだろう?ちょっとハラハラしながら行きましが、思いがけず沢山の人が来ていて嬉しい驚きでした。

入口のところで立って案内していたのは、小学校の3,4年の時同じクラスだったMちゃんとY.Mちゃん。見かけたら突然、当時Mちゃんの飼っていた犬の名前を思い出す自分にびっくり(笑)。3,4年生の時に仲が良くて、中学でも一緒に学校に行っていたKは全然変わっていなくてびっくり。お姉ちゃんのことをミカと呼び捨てにするところも昔とおんなじで笑える。小学校の時絵がとてもうまかったK鍋君は、やっぱりその後美術の道に進んだことが分かって嬉しくなったり、近所に住んでいた、誕生日が一緒のk.k.君は他の人に私のことを「誕生日が一緒なんだよー」と言っていたので(笑)、ああ、やっぱり誕生日のことはインパクトが強かったんだ~と再認識したり。(ついでにまたまた私は突然k.k.くんの2人の妹の名前を思い出した。)k.k.くんと偶然会社が同じ、というK田くんやk.k.くんや私は公園の近くに住んでいて、今ここにいる人みんな“3丁目の公園”(夏休みはラジオ体操をしたりした)の近くなんじゃないか?ということになり、3丁目の公園の近くに住んでいたメンバー写真を撮ってみたり。Nちゃんに「時々うちのお母さんと、○○○(私の名)はどうしているんだろうって話すんだよ」と言われて嬉しかったり、意外と近くに住んでいる人が沢山いると知って嬉しかったり。
一瞬顔を見て分からなくても、名前を見てからよくよく見ると面影が沢山残っていたりするからワアッと嬉しくなったり。
とても懐かしく、楽しいひとときでした。
普段、小・中学校の時の友達のことは「どうしているかな」と思っても実際に会うことはなかなかないし、昔すぎて当時のことは夢のような(言い過ぎか?)気がしてしまうけど、実際にみんなの姿を見て、話したりすると、みんなそれぞれ頑張っているんだな~と思えてすごく元気が出ます。行って良かった!

先生たち(当時7クラスあった中で、なんと4人もの担任の先生が。)も来ていたり、会場には学校から借りてきたという校旗が掲げられていたり、実行委員(?)の人たちの並々ならぬ気持ちが感じられました。なかなか卒業後何年も経つのにこれだけの同窓会を実行出来る学校はないと思います。当時は私もいろいろなものに軽い反抗期(?)で学校大好きという気持ちではなかったけれど、今はこの学年で良かったなと思えました。また集まるらしいので、その時はまたぜひ参加したいと思いました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

カレンダーに春が来た

春ってこんなイメージ。
ちょっと前のCMだけど、これすごく印象に残ってます。
今日は立春。
これから少しずつポカポカと暖かくなって本当の春になっていくのだ。
楽しみなのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

節分

Dsc_7578

(Nikon D80)

明日から暦の上では春ですってよ、奥さま!

                 *                 *                 *

仕事をしていると、朝晩の寒い時しか外に出ないので分かりませんが、天気予報を観ていると最近昼間はずいぶん暖かくなってきているようですね。
いいぞ、いいぞ。
その調子でどんどんあったかくなって春になってしまえ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

あなたを作っているもの

Dsc_7560

(Nikon D80)

体は食べたもので出来ているけれど、
考え方は、今まで会った人や経験した事とかいろいろなものから出来ています。
その一つが、私にとっては本です。
家が花屋だったので、同じ家にいながらも両親はいつもお店で忙しく働いていて、一人っ子だった私は友達の家から帰ってくるととにかく暇。TVを観るか、本を読むしかなかったのでした。
おかげで今ではすっかりテレビっ子の本好き。
小さい頃の環境というものが及ぼす影響というのはものすごいものがありますね。

糸井重里さんの書かれた新潮文庫のコピーで「想像力と数百円」というものがありましたが、本当に、文庫本なんてたったの数百円でいいの?と思う位ものすごく価値あるものを読めたりします。本ってすごいなと思います。
自分がそうだからでしょうか。
小さい子をはじめ、大人でもいろいろな本を読んでみてほしいと思うことがあります。
「ひきだし」を、なるべく沢山持っているとよいですね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

Hunter

Dsc_7575

(Nikon D80)

狙ったものは手に入れろ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »