« 写真家の顔 | トップページ | いちょう並木のセレナーデ »

2009年11月13日 (金)

寒い夜には

Dsc_4786_2

(Nikon D80)

寒い寒い。
昨日から急に風が空気が冬になってきました。
花だって風に震えています。
そんな日は家が一番。
こたつでぬくぬく。最高です。

なにかお話はないかなと考えたのですが、こんなはなしはどうでしょうか。
昨日は天皇陛下御在位二十年記念式典をTVのニュースでやっていましたね。
実は私、天皇皇后両陛下に会ったことがあるのでその時のお話です。
あれは何年か前に、上野の東京都美術館に「大英博物館の至宝」展を観に行った時の事。
観終わって館内のレストランで食事して、さぁ出ようと思ったら入口が出入り出来なくなっていて、ロビーでは美術館に来た人たちが皆コの字型に並んでいました。警備の人も何人か。急なことなので分からずちょっと緊張しながら私もコの字の一部になっていると、少しして入口がパアッと開き、入ってきたのがTVでよく観るそのままの笑顔の天皇陛下だったのです。今でも覚えているのですが一瞬でその場の空気がかわりました。なんというか、「ハレとケ」という言葉がありますが、その「ハレ」の空気になったのです。その後に美智子皇后が入ってこられた時はみんなの歓声が「わぁっ」となって、それはそれは晴れやかな空気になりました。オーラという言葉がありますが、初めて本当にオーラを感じたのはこの時かもしれません。(少し前に園遊会に招待された桃井かおりさんも感想を求められて「初めてオーラというものを感じました」と言っていて、「なんだか分かる・・・」とTVを観ながらまたこの日の事を思い出しました。)天皇陛下は紺か黒のスーツとネクタイ姿で、美智子さまも割と控えめな服装だったと思うのですが、人柄なのでしょうか、品格なのでしょうか、とにかくすごかったとしかいいようがありません。美智子さまが本当にほんの1m位目の前を手を振りながらゆっくりと通っていくのを、同じように手を振りながらみんなでほおっと眺めていました。
この日はお忍びでお二人で展示を観に来られたようです。
帰りに、目の前を歩いていた女性二人が「なんだか今日はいい日になりましたね。」「そうですね。」と話していて、それを聞きながら私も本当にそうだな~と思いながらふわふわとした気持ちで帰ったのでした。

« 写真家の顔 | トップページ | いちょう並木のセレナーデ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い夜には:

« 写真家の顔 | トップページ | いちょう並木のセレナーデ »