« 続・ワイエス | トップページ | swing »

2008年12月 8日 (月)

小布施発

Dsc_1552_2

(Nikon D80)

田舎の親戚からりんごが届きました。
父の田舎は長野県の小布施という町です。
最近ではちょっとした観光地になったみたいですが、ちょっと前まではあまり観光という感じもなく、本当に小さな山に囲まれた町・・・という感じでした。
今でも駅舎は小さくて、夕方になるとどこからかお寺の鐘の音が聞こえたりするような、のんびりしたいいところです。
小布施には晩年の葛飾北斎も長く滞在して、沢山の作品をのこしています。
四方を山に囲まれたそんな場所にいるとなぜかとてもほっとするのは、遠い昔からの遺伝子がほっとしているからなのかもしれません。
私が森や山に行くとほっとするのはそんな理由なのかも・・・なんて時々思ったりします。

このりんご、見た目はいまいち(自宅用?)なのですが、
とにかく瑞々しくて甘くて美味しい。
早速食べたら止まらなくなって、一度に3個も食べてしまいました(笑)。
田舎があるっていいですね。

« 続・ワイエス | トップページ | swing »

コメント

小布施。
おふせ ではなく おぶせ だったのですね。
今までずうっと おふせ だと思ってました。
今日知って良かったです~

小布施堂の栗羊羹、美味しいですね。

長野は叔母が住んでいて、(下伊那郡松川町)高校生までは夏休みになると1週間ぐらい泊まりに行ってました。
蚕を飼っていて、夜窓を開けて寝ていると、蛍がピカァーと光り感動です。
採りたてのきゅうりやスイカを川で冷やして食べたり、夕方はかごいっぱいのトンボを捕まえたり・・・
この歳になっても、自然の美しさは鮮明に覚えています。

長野にご実家があるなんて、羨ましい~ 

投稿: k.k | 2008年12月 9日 (火) 18時41分

k.k.さん、コメントありがとうございます!
おぶせ、ちょっと変わった名前ですもんね。
私も親戚がいなかったら分からなかったです・・・!

k.k.さんも長野にゆかりがあったんですね。
蛍がピカァーなんて、感動しますよね~。
なんでも新鮮で、普段ならなかなか起きないのに、
やけに朝早く起きてしまったり。
k.k.さんが書かれてるように、川で冷やしたスイカを
夜、花火をしながら食べたり・・・特別に美味しかったです。
私の書き方がいけなかったのですが、長野は父の実家があります。
私は東京の下町生まれで、隣通しの家がもうくっつくほど近いところで
育ったので、ゆったりした小布施が、とても羨ましかったです。
都心も大好きですが、自然に囲まれた生活、やっぱりいいなぁと
思います。

・・・おまけ・栗情報・・・
小布施の栗、小布施堂も美味しいですが、桜井甘精堂という
ところの栗鹿の子も美味しいですよ♪おすすめです♪


投稿: anise | 2008年12月 9日 (火) 21時18分

りんご おいしそうです
長野も果物が豊富ですね
普段 ふんだんに 食べるなら自家用が最適です
見た目にこだわらない自然さがあります
フクミミ家では今日長野の知り合いから
aniseさんのようなリンゴとキューイをいただきました

栗羊羹 栗鹿の子 よだれがでそうだ!
栗は拾うのも楽しいですからツァー参加もいいかもしれません

投稿: グールドの帽子 | 2008年12月10日 (水) 21時21分

りんご、おいしかったです~。
長野も果物が豊富です。
そういえば父の田舎は昔は巨峰も作っていました。
その時は親戚から送られてくる日がとっても楽しみでした
栗も有名で、
そういえば、小布施では小布施堂等のお菓子を作る為に
栗を畑で拾うパートの仕事があって、
昔、親戚がそのパートに行っていました。
その話を聞いた時はそんな仕事があるのかとびっくりしました(笑)

長野、いいところです。
機会があったらぜひぜひ!!

投稿: anise | 2008年12月10日 (水) 22時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施発:

« 続・ワイエス | トップページ | swing »