« 3,000円で、売りましょ!買いましょ! | トップページ | »

2008年11月 3日 (月)

写真を買うってどんな気分?

R0041986

(RICOH GR DIGITAL)

昨日、ギャラリーコスモスで開催されている、ShINCproject1「3,000円で、写真売りましょ!買いましょ!」展に行ってきました。
この企画を写真家・横木安良夫さんのブログで知ってから、とても興味を持ち、ぜひ行ってみたいと思っていました。
まず第一に楽しそうです。それと、昨日の記事にも書きましたが、自分が普段実感したことのない、「お金を払ってプリントを買う時、一体自分はどんな目で写真を見て、どんなものを欲しいと思うのか」という事を知りたかったのでした。
今までに何度かオリジナルプリントを買うかもしれない機会はありましたが、自分には高くて手が出せませんでした。「身銭を切る」という言葉のように、そんな時に本当に欲しくて買うのは意味があるかもしれません。でもその時は私はそこまでの気持ちにはならなかったのでした。
3,000円という価格は、もし「とっても欲しいもの」が見つかったら、本当に買える値段。
見つからなければ買わなくてもいいし、見つかったら買ってこようかな。と、そんな気持ちででかけました。

ギャラリーに入ると、出品者の写真が入ったファイルがずらりと並んでいます。
そのファイルをめくって写真を見ていき、自分が気に入ったものがあったら会場の方に言って、買う。というシステム。
椅子に座って次々、次々とファイルをめくっていきます。
そんな中で、時々、心に引っかかる何か気になる写真というものがあります。
一瞬手が止まります。
「いいなぁ。これ。こういうの、好きだなぁ。」
そういうものは、いわゆる、作品として上手なものとは違いました。
何か、その中にあるような写真。
心の機微や、空気や風・・・、わからないけれど何かを感じるような写真。
たとえば少女の後姿。ぼたん雪の降る公園の中をかけていく自転車。
気になって、しばし眺めます。
こんな写真を撮れるようになりたいな・・・。

が、しかし・・・!
自分でも驚いたことに、買いたい気持ちは、それだけでは湧き上がってこないのでした。
「とっても勉強になりました。ありがとう。」と心で言って、ファイルをめくってしまうのです。

最後まで心に残って一枚買ったのは、写真家・渡部さとるさんのエーゲ海の写真。
この写真は以前、ギャラリールデコで見かけた時から心に残っていたものでした。
買おうという気持になった理由は、空のグラデーションがとてもきれいで、見ていて嬉しくなるような、なにかいいことがありそうだと思えるしあわせな写真だから。
毎朝眺めたら、きっと「今日もがんばろう」とか、前向きで楽しい気持ちになれそうだから。
ギャラリーの壁ではなく、自分の手元に置いておくのだと思うと、そういう写真を選んでいました。

こんな風に、見るだけの時と買う時では、視点が全く違ってくるものなのですね。
私は部屋に飾るような写真が欲しいと思って見ていましたが、中には、投資(将来この人の写真は高くなりそう・・・など)の目線で買われる方もいらっしゃることでしょう。
そのような時にはまた別の視点で写真を見ていることでしょう。
本当にものごとには多くの見方、価値観があるものだと実感します。
「3,000円で写真売りましょ!買いましょ!」展、いろいろな意味でとても勉強になりました。

さて、買ってきた写真。
まだ額装はしていませんが、部屋に飾ることを考えるととても楽しみです。
小さい時、金魚すくいですくってきた金魚を、道々何度も見ながら歩いて帰ったように、今の私も何度も見ては、楽しい気分になっています。
写真を買うってどんな気分?
とっても楽しい気分でした。
そしてそれは、買った後も所有する楽しみとして続くのかと思うと、写真を買うということはとてもすてきなことだな・・・と思いました。

(思いがけずこんなに長文になってしまい、すみません(汗)。
 ここまでお付き合いしてくださり、ありがとうございました・・・!)

« 3,000円で、売りましょ!買いましょ! | トップページ | »

コメント

わぉッ アオのグラデーションだ
エーゲ海の猫は何が主食だろうか・・・
 
aniseさん プリントいいですね
金魚の入った透明なビニール袋 お祭りの帰り 
私も何度も覗いて帰った覚えがあります

何年か前 サン・ジミニャーノとプラハはカレル橋でプリントの写真を買いました 
カレル橋では「あなたが撮影したのか」と聞きましたが
ただ売っているだけとの返事で少しガッカリした
覚えがあります

人でも物でも写真でも いい出会いは明日の元気だアー

投稿: グールドの帽子 | 2008年11月 3日 (月) 22時51分

でしょ。
写真を買うということは、そのモノを買うのではなく、
購入することによって得られる気持ちよさや、ココロの満足感を
買うものなのです。
だからそれがたとえ3万円であっても、5万円であっても、
豊かな気持ちにしてくれる写真であれば、決して高い買い物ではないのです。3万円で毎日、一生幸せになれるのなら安いものでしょ。

ちなみに私も投資目的ではなく、あくまでも見て楽しむ家具として、
自分の部屋にふさわしい写真を選んでいます。

さて、私の写真はどうなったのでしょうか。
忙しくて初日以外は行けず、全くの放置状態でした。
引き取りに行くのもままならない。。。。

投稿: omiya | 2008年11月 4日 (火) 00時06分

グールドの帽子さん、コメントありがとうございます。
初めて買ったプリント、お祭りの金魚です(笑)。
グールドの帽子さんのように、旅に出た時にふいに買うという
写真も思い出になってすてきですね。

>人でも物でも写真でも いい出会いは明日の元気だアー
ほんとにそうですね♪
いい出会いで嬉しくなると、足取りも軽々。
なんだかもっといいことがありそうな気がしてきます。

エーゲ海のねこ、何が主食?
海が近いから魚でしょうか・・・。
白い壁の家の前で、ちょこんと座って食事ですね。
あのきれいな青い海の水も、
もしも飲めるのなら飲んでみたいです。ソーダ水ならいいですね。

投稿: anise | 2008年11月 4日 (火) 20時23分

omiyaさん、コメントありがとうございます。
>写真を買うということは、そのモノを買うのではなく、
>購入することによって得られる気持ちよさや、ココロの満足感を
>買うものなのです。
ちょっと分かった気がします。
お財布の都合上、あまり高価なものは無理ですが・・・(涙)。
とても嬉しいものですね。

omiyaさんの写真とY澄さんの写真、ギャラリーで拝見しましたよ。
とても楽しい企画でしたね。
また来春にもやるというお話なので、楽しみですね。

投稿: anise | 2008年11月 4日 (火) 20時35分

初めまして。anneです。
写真が素敵なので時々、訪れていました。
プリントは昔、ジョンレノンの写真を買った事があります。
パソコンの画面の中だけで写真を見る事が多くなってしまったので、プリント、とても新鮮です。
買われた写真は青が綺麗ですね。生で見るとまたまた良いのでしょうね。

また遊びに来ます。。

投稿: anne | 2008年11月 4日 (火) 23時36分

anneさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
それからブログを見てくださってありがとうございます・・・!
オリジナルプリントは、見る機会はあっても自分で買う機会が
あるとは思っていなかったのでとても嬉しく、ちょっと興奮気味(笑)です。
今まであまり写真展は行かなかったのですが、
今年は少しずつですが行くようになったこともあり、
オリジナルプリントの繊細なトーンに夢中になってしまいました。
パソコンの画面でもきれに見れますが、本当に、プリントは新鮮ですね。

拙いブログですがまたぜひ遊びにいらしてください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: anise | 2008年11月 5日 (水) 22時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真を買うってどんな気分?:

« 3,000円で、売りましょ!買いましょ! | トップページ | »