« curve | トップページ | »

2008年6月24日 (火)

H・C・B

R0039334

(RICOH GR DIITAL)

借り物、ブレッソンのDVD
とても興味深く観ました。
巨匠ご本人が自分の写真について語る姿からは、
とても写真が好きなのが伝わってくるような気がしました。
去年の夏、観に行ったブレッソン展。
巨匠の作品郡を観て気おされず、終始楽しかったのは
同じ写真好きの仲間だから?なんて、
おこがましくも思ってしまいました。
こんなアングルで一瞬をカメラで切り取れるようになれるのはいつの日でしょう。
そんな日がくるのでしょうか?
分からないけど、そこに山があるから山に登るように、
撮りたいものや撮りたい気持ちがあるから
これからもシャッターを切っていくんだろうなぁ・・・!

« curve | トップページ | »

コメント

こんばんは。
HCB展からもう1年経つのですね。
あの写真展は強烈なインパクトでした。
あんな風に写真を撮りたいと、強く強く感じた写真展でした。
この自転車の写真は、大好きな写真です。

投稿: marikichi10 | 2008年6月24日 (火) 23時01分

僕が本当の意味で初めて写真に触れたのも、もう15、6年ほど前に開かれたブレッソン展でした。
今でもそのときの図録は大切に持っていて、頻繁にページをめくっています。
「こころの眼」というエッセーも読み、とても面白かったです。
このDVDはまだ見てないのですが、ぜひ見たいと思ってます。

投稿: yo-scherzo | 2008年6月25日 (水) 01時14分

marikichi10さん、こんばんは。
ブレッソン展からもう1年経つなんて、早いですね~・・・。
巨匠の写真の、一瞬を切り取るセンスに驚きながらも
さあ、次はどんな写真を見せてくれるんだろう?と
ワクワクしながら見ていったのをとてもよく覚えています。
私も、あんな風に写真を撮りたいと思います。
この自転車の写真、いいですよね。
DVD中で、撮った写真の事を「これはこのときの写真で・・・」と
語っている姿が印象的でした。
夢ですが、ブレッソンさんと一度写真談義など出来たら
楽しかったでしょうね・・・!
marikichi10さんの、美術館の中(入り口あたり)から撮られた
モノクロの写真もとても印象的でした。

投稿: anise | 2008年6月25日 (水) 20時49分

yo-scheroさん、こんばんは。
yo-scheroさんにとってブレッソンは特別な写真家なのですね。
いつも手の届くところに写真集があって、何度も眺めてしまう
その気持ち、とてもよく分かります。
何度見てもうっとりして、新鮮で、何度も見たいんですよね~きっと。
DVD、お勧めですよ。
巨匠がご自分の事を、ご自分の写真の事を、語っています。
とても楽しく、きっと目がキラキラかがやいてしまうと思います。
写真って楽しい!・・・とますます思うと思います。

投稿: anise | 2008年6月25日 (水) 21時04分

こんばんは。
Bresson の写真はいつ見ても新鮮で同じ写真を見ても何か新しいものが見えてくる感じです。
この映画の中でプリントした写真の束が出てきますが、密かに真似しようかなって思ってます。
Youtube ですがこれも興味深いです。
ブレッソン出ずっぱりの(はじめの数分を除いて)50数分です。最後の最後に(カメラではないけれど)写真を写すポーズがあります。カッコイイのです
Charlie Rose - HENRI CARTIER-BRESSON
http://jp.youtube.com/watch?v=UHXVGEeNzsQ

投稿: Suzume@Take | 2008年6月25日 (水) 23時49分

Suzume@Takeさん、こんばんは。

you tube、教えてくださってありがとうございます。
you tubeで、こんなものも見れるんですね~。
ほんとだ、最後にカメラを構えるポーズしてますね。
カッコいい。さすがに決まってますね~・・・!

>いつ見ても新鮮で同じ写真を見ても何か新しいものが見えてくる感じです。
そんな写真、撮れたらいいですね
すてきな写真を沢山見て、カメラを持って今すぐ写真を撮りに
飛び出したくなりました。

投稿: anise | 2008年6月26日 (木) 21時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H・C・B:

« curve | トップページ | »