« のびのびっ | トップページ | 雨が上がったら »

2008年4月13日 (日)

帯買い!

R0037539_3

(RICOH GR DIGITAL)

曇天の日曜日。
肌寒い日は暖かいものがほしくなります。
暖かいスープ、温かい部屋、暖かい気分になれる場所。
ちょっと出掛けたついでに、昔バイトしていた本屋さんに寄ってきました。

文庫を眺めていると、とても気になる帯(文庫本の下1/3くらいの場所に巻いてある紙)がありました。
黒に、シンプルに銀で「男の品格」と書いてあります。かっこいい。
新潮文庫の、男の品格フェアなのだそうです。
思わず欲しくなりました。
CDとかで「ジャケ買い」という言葉がありますが、これは名前をつけるとしたら「帯買い」(笑)。
「はじめての帯買い」(「はじめてのおつかい」みたいだ・・・)です。

R0037553_2

何がいいかな・・・と眺めていたら、いいのがありました。
塩野七生さんの「ルネサンスとは何であったのか」。
面白そう!
昔から絵を観に行くことが大好きで、ルネサンスの時期の絵を見る機会もあるのですが、ではルネサンスとは何なのかと聞かれたら、きちんとは分かっていません。
ものすごいエネルギーに溢れていた時代。
とっても興味があります。
帯のおかげで、いい文庫本にも出会えたし、よい日になりました。

R0037557_2

« のびのびっ | トップページ | 雨が上がったら »

コメント

こんばんは!
私も帯を見て購入することがあります。
塩野七生<ルネサンスとは何であったのか>は帯ではなく
同じ著者の<ローマ人の物語>を読んでいたからです。
どちらから入るにしろ、内容はとても良かったです。
ルネサンスという捉えがたい時代をこの著者は見事なまでに
切って見せてくれます。おかげで私も小春日和さん同様に
絵画なども興味をもってより見ることができるようになりました。
小春日和さんのブログは写真もいいですね。
それでは、また!
グールドの帽子でした。

投稿: グールドの帽子 | 2008年4月13日 (日) 23時58分

グールドの帽子さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
<ルネサンスは何であったのか>、まだ読み始めたばかりですが
とても面白いですね。
ぐんぐん読んでしまいます。
テーマが面白いのに加えて、グールドの帽子さんがおっしゃるように、
塩野さんの切り口がすばらしくて。
<ローマ人の物語>も前からとても興味があるので、
読んでみたいです。
拙いブログではありますが、また遊びにいらしてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: anise | 2008年4月14日 (月) 12時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯買い!:

« のびのびっ | トップページ | 雨が上がったら »