« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

R0034298_5
雨が濡らしたアスファルトを照らす赤い光
見つめて歩いた。

R00342921
ねえ

R00342961
光がほしい時ってあるね。なんだかちょっと分かった気がした。
光を受けて光るものあり

R0034310_2
やさしく照らす光あり。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

swim

R0034235_2


澄んだ水の中を泳ぐように歩く
帰り道。

R0034233_5
夜が静かに更けてゆきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

可能性

R0034285_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

今年も

R0034264_3
今年もまたコートとブーツの季節がやってきて、
もう1年たったのかと驚きます。
沢山歩いたこの前の冬にいつも一緒だったコートとブーツ。
今年も楽しい場所に一緒に行こう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

19 (nineteen)

R0034019_2


19歳のとき、皆さんは何をしていたでしょうか。

私は学生でした。
今よりずっと毎日自由で楽しかったはずなのに、コンプレックスもいっぱいで、映画の主人公みたいに思い通りにはいかないことにジレンマを感じていたような気がします。

今でも世の中に分からないことは沢山あって、失敗したりして試行錯誤しながら、どうにかどうにかやっている感じですが、当時はもっと分からないことだらけで、きっと今より不安も沢山あったんだろうなと思います。

今なら笑える失敗にも心底へこんだり、人と自分を比べて嫌になったり。
思えば10代は大変だった(笑)!
(なんだかその頃のばかな自分が愛おしいなぁ!
がんばれーと当時の私に声をかけてあげたくなります。)

でもそれを吹き飛ばすだけの莫大なエネルギーや、
将来に対する夢もいっぱい持っていて。
周りの友達に助けられたりもしたしなぁ。
なんだかんだいって楽しいことに満ちていて、好奇心もいっぱいで。
だから元気にやってこれたんだろうなーと思います。

悲しくもありおかしくもある、不完全な自分。
でも少しづつ乗り越えてきたんだと思うと、なんだかちょっと元気が出ます。
その調子でこれからもどんどん行け、って感じです。
19歳の事を考えているうちに、19歳の私に元気もらっちゃいました!

       *       *       *

今日のはなうた → → 小泉今日子 「夏のタイムマシーン」(秋だけど気にしません。)

KYON3 KYON3

アーティスト:小泉今日子,小泉今日子&大滝詠一
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2002/12/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

寄る

R0034183_17
そこだけポッと暖かい
赤い葉肩寄せあう小道

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

染まる

R0034186_2
街はいつの間にか金色の夕方 

R0034179_5
山茶花 山茶花 咲いた道を

R0034185_3
のんびり自転車をこいでゆく

R0034193_6
桜の木も自転車も轍も

R0034192_4
ゆっくりゆっくり金色に染まってゆく

R0034195_2
夕方です。

GR BLOG トラックバック企画「スナップ」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

大江戸散歩

R0034160_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

JUST LIKE A WOMAN

R0034120_2
you fake just like a woman, yes, you do

R0034106
You make love just like a woman, yes, you do

R0034142
Then you ache just like a woman

R0034138
But you break

R0034101
just like a little girl.

(Bob Dylan 「JUST LIKE A WOMAN」より一部引用)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

Call me

R0033959
もしも誰かが必要なときは
ぼくにぼくにすぐに Call me

(RC サクセション 「Call me」より一部引用)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ねこくん

R0034086_3
久しぶりに、会社のねこくんがいたので、
遊んでもらいましたあげました。

R0034087
ねこ 「あ、おねえさん。久しぶりです。」
 私  「久しぶりだね~。
     元気そうで安心したよ。」
ねこ 「おねえさんも。
          今日も、すてきですね。」
  私  「あら、いい子ね・・・。
      こんどおっきな魚持ってきてあげるね。」
ねこ 「やったー。」
  私  「ん?なんだかのせられてるような気も・・・」
ねこ 「気のせい気のせい。」
私    「ま、いいかー。」
二人 「あははははー。」

R0034084
ねこ (あれ?守衛さんだ。
     エサだって言ってる。)
    「おねえさん、オレ、ちょっとヤボ用が・・・。」

R0034083
スターッ。

私 (早っ・・・!)
    「また来るねーっ。」
ねこ 「ハーイ!また来てねーっ。」

元気そうで、何よりです。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

ブルートレインに乗らなくちゃ

R0034073_2
会社で、お向かいの席に座っている電車大好きFさんに今日聞いた話なのですが、
夜行列車の「ブルートレイン」が、ほとんど来年の春で姿を消してしまう(一部、再来年の春まで運行のものもあり(「はやぶさ」「ふじ」)。)らしいです。
電車大好きFさんでなくてもとてもショックなニュースです。

R0034075_2
小さいころ、学研の「科学」と「学習」を毎月本屋さんに配達してもらっていました。
「○年の科学」にはよくブルートレイン、リニアモーターカー、潜水艦の「しんかい○○○」などが特集されていて、学校から帰ってきて友達と遊ぶ約束をしていない日には、こたつに入ってみかんなんかを食べながら、わくわくしながら読んだものです。

R0034074
いつか「ブルートレイン」に乗ってみたい。
夜行列車で迎える朝ってどんな感じだろう?
電車で寝たり、朝ごはん食べるってどんな感じだろう?

小さいころに思ったそんな気持ちは今でもずっと続いていて、
本当に、いつか必ずブルートレインに乗ってみたいと思っていました。
そんなブルートレインが姿を消してしまうなんて!
Fさん曰く、みんな飛行機とかに乗るので乗車する人がぐっと減ってきているのでは・・・とのことなのですが・・・。
「ねぇFさん、みんなで署名とかしたら、なくならずに済んだりしないですか?」
と思わず聞いて(馬鹿)しまいましたが、JR職員ではないFさんも、ただ困った顔をするしかないのでした・・・。
寂しいなぁ・・・。

R0033947
とりあえず、姿を消すといわれている来年の春までに、チケットをとって一度は乗ってみなければ・・・!と思いました。

JR東日本チケット予約サイト 「えきネット」 → http://jreast.eki-net.com/

やこうれっしゃ やこうれっしゃ

著者:西村 繁男
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

朝日のあたる道

R0033990_7
朝日のあたる道を歩いていると
元気が出てきて

R0034017_4
何でも出来てしまいそうな気持ちになる

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

静謐

R0033998_2
「フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダの風俗画展」を観に、
六本木の国立新美術館に行ってきました。

R0034009
僅か三十数点しか現在観ることが出来ないフェルメール。
その全てが傑作といっていいほど素晴らしい作品ばかりの中でも、
特に傑作と評判の、《牛乳を注ぐ女》。
学校の美術の教科書などで一度は目にしたことがある絵かもしれません。

初めてフェルメールの絵を知ったはいつだったのか今では思い出せませんが、
多分美術の教科書で見たのではないかと思います。
とてもきれいな絵を描くひと・・・という印象を持っていました。
実際に観たのは大人になってからです。
窓から入ってくる光が息をのむほどにきれいで、その光を受けた女性の髪や肌、その傍らにある生活の道具が繊細に繊細に描かれていて、その美しさにしばし見入ってしまったのを覚えています。

それから数年、
まだ片手に数えるほどしか観たことはありませんが、どの絵も特別にていねいにていねいに作られた宝石のように美しく、美しいものを観るしあわせというのもあるのだなと思うほど、観るたびにしあわせな気持ちになります。

R0034000_4
フェルメールの絵の題材は特別に劇的な場面ではなく、ごく普通の市民の日常の中の一場面が多いようです。
《牛乳を注ぐ女》も、一人の女性が、陶器の壺からテーブルの上の容器に牛乳を注いでいるというもの。
窓から光が射し込んで、女性とその空間をやわらかく照らす。
その穏やかで美しい光景に、思わず自分も絵の中に入ってしまいたいような気持ちになります。
つい先週観た映画、「Always 三丁目の夕日」の中でも、薬師丸ひろ子演じるお母さんが食器を洗っている台所では、窓からやわらかい日差しが射し込んできてお母さんとその周りの空間をやさしく照らしていました。そんな、どの時代にもどの国にも普遍にある、日常の一場面です。
観ているうちに「静謐」という言葉が浮かんできました。
ごく普通の、おだやかな日常のなかに、美しさがある。
何気ない生活の中に静かに流れている時間がじつはとても大切で美しいものなのだと、あらためて思いました。

R0034008
展覧会公式HP → http://milkmaid.jp/about/index.html
12月17日まで開催されています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

お疲れさま

R0034029
今週も一週間、お疲れさまでした。
週末、ゆっくり疲れを癒しましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

海老 食べnight

ちょっとへんなタイトルですみません・・・。
NHKの「英語でしゃべらナイト」から、とってみました(え?!)。

会社でいつもお昼休みにお弁当を一緒に食べているメンバーの中で前から時々話題になっていた、ものすごく大きな海老フライがあるお店に、行ってきました。

R0033979
ジャーン!
比較できるよう、私の携帯と一緒に海老を撮ってみました。
(あ、あれ、向きが違うけど・・・(汗)。
すみません・・・。)
どうでしょう。
これ、本当ーーーーーに大きいですよね・・・!
こんな海老、海のどこらへんに歩いているんだろう?
見たことない・・・!

この他にもお刺身(美味しかった)、カキフライ、野菜炒め、たっぷり食べて、もうおなかいっぱいです。
みんな笑顔、笑顔、シアワセの笑顔。
大満足で帰ってきました。
美味しいものを食べるってシアワセですよね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

スピード

R0033942_6
息をとめて見つめる先には

R0033944_edited1
長いまつげが揺れてる

  (aiko 「カブトムシ」より 一部引用)

R0033949_2
気がつけばもう11月で
1年の速さにびっくりします。

まつげが揺れているのに気づくほど
ていねいに毎日見つめていかないといけないのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

静かなよるに

R0033932_3
静かなよるに
きみを照らすよ スポットライト

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

陽のにおい

R0033702_7
陽のにおいくるんでタオルたたみおり

         (俵 万智の短歌より一部引用)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

always  続・三丁目の夕日

R0033220_2
『always 続・三丁目の夕日』を観てきました。

1の方を観てとてもよかったので楽しみにしていたのですが、
やっぱり今回もとてもよかったです。

そのころまだ生まれていなかったはずなのになぜかとても懐かしい景色や、今はあまり見られなくなってしまった人と人とのやさしい関わり。
ちょっとした場面や台詞(たとえば、薬師丸ひろ子が家に預かっている女の子の手にクリームを塗ってあげる場面とか)に心がほんわかとあったかくなるとてもいい映画でした。
グッとくる場面に思わず涙を拭く人も多数(私もその一人でした)。
これから観に行かれる方もいらっしゃると思うのでストーリーはあまり書けませんが、ほっとする結末に、嬉しくなりました。

街も若い、日本も若い、(両親の若い時を想像したりも。)。
“これから”、というエネルギーに溢れていて、なんだかうらやましいくらいです。
エネルギーのおすそ分けをしてもらった感じ。
明日からまたがんばろう!と思いながら帰ってきました。

R0033753
BUMP OF CHIKENの主題歌 「花の名」もとてもいいです。
BUMP OF CHIKENはCDを1枚持っているのですが、
独特な感じがとても好きです。

花の名 花の名

販売元:トイズファクトリー
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月10日 (土)

雨、土曜日、11月

R0033913_2
「寒いね」と話しかければ
「寒いね」と答える人のいるあたたかさR0033901
駅までの道、俵 万智の一首をふと思い出す、
少し寒い土曜日。

           

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

彩り

Heart_2
モノクロームの日常に 彩り。

とあるHPを見ていたらそんなコピーがあって、
私にとっての彩りってなんだろう?・・・と考えたら、
(だいたい想像がついてしまうと思いますが)
やっぱり写真でした・・・(笑)!

毎日繰り返されるなんの変哲もない日常に 鮮やかな彩り。
前よりも
楽しいこと、嬉しいこと、きれいなものに気づけるのは、
写真を撮っているからかもしれません。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

きらきら光るちょっと前

R0033844_5
ビルの隙間の小さな空に

R0033863
星がきらきら輝きはじめる

R0033848_2
ちょっと前

R0033827
空はしずかしずかにしずかに

R0033830
色を濃くしてゆきます。

R0033836
ひとときの休息。

R0033865_2
もうじき眩しいほどに
空が 街が 輝きだします。

GR BLOG トラックバック企画 「スナップ」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

花を買う日

R0033607_2
何となく、今日はバラ。

バラ色の人生になりますように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

有朋自遠方来 2

R0033807_3
長ーいつきあいの友達が、久しぶりに上京してきました。
連絡をもらってからふと考えてみたら、会うのは5年ぶりです。

いつもメールばかりなので、本当にそこにいるのがなんだか不思議な感じでしたが、
久しぶりにお酒を飲みながらいろいろ話して、
とても楽しく、とてもほっとしました。

この友達をはじめ、遠い所に引っ越してしまった友達たちは滅多に会ったりはできないけれど、みんなそれぞれがんばっているんだと思うと、私もがんばろう!とあらためて思います。

| トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

散歩カメラ

R0033699_3
秋の一日。

R0033799_2
久しぶりにお散歩カメラ。

R0033756_2
ぽかぽか日差しが心地よくて、

R0033744
ねこでなくても眠くなってしまいます。

R0033777
実りの秋です。

GR BLOG トラックバック企画「スナップ」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

サントリーオールド

前からこのCMが好きで
you tubeの「お気に入り」に登録していたりしました。
最近またTVでも流れるようになってきて、
このおなじみの曲(自転車に乗っている時とかについ歌いたくなる)が聞こえてくると
何かをしていてもついTVに釘付けになってしまいます。
娘を心配して、出張だとうそをついて上京してきたお父さん、
帰るときに駅の階段を登りながら娘のほうを向いてうなずくところが、
なにかとても好きで、親っていいなぁと思ったり。

さっきもTVから流れてきて、釘付けになってしまいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

横浜

R0033690_2
お昼ごろからとてもいい天気になってきて、
小春日和の土曜日。

こんなにいい天気になるんだったら、
早起きして今日横浜に行けばよかったなぁ。
・・・と、頭の中は横浜の美術館で開催されている「photoGRaph100」というイベントのことでいっぱい。

それは、プロカメラマンを含め、各界の第一線で活躍されている方々100人による「GR DIGITAL(いつも愛用のカメラ)」「Caplio GX100」での撮影写真を集めた写真展で、先日発表になったばかりのGR DEGITAL 2も実際に試してみれるという、それはそれは楽しそうなイベントなのです。
きっとGRDユーザーのブロガーさんたちも沢山足を運ばれていることでしょう。

横浜だし、もし行ったらついでに美味しいもの食べて、写真パチパチ撮って・・・!
もう頭の中が、横浜でいっぱいです。
今、脳内メーカーをやったら、「横」、「浜」、「食」、「撮」という漢字だらけになっていると思います(笑)。

| コメント (5) | トラックバック (0)

スケッチ

R0033691
先日「月光荘」で買ったスケッチブックとえんぴつを使って、
久しぶりにスケッチをしてみようと思いました。

スケッチなんて、久しぶり。

高校生のとき、選択授業というものがありました。
音楽、書道、美術。
私は美術を選択していました。
パステル画、アクリル画、シルクスクリーン、スケッチ。
授業が楽しくて楽しくて、選択授業の日が待ち遠しくて仕方がありませんでした。

あれから○年、観に行くことはあっても、自分で何か描いたりするということはほとんどなくなっていましたが、久しぶりに鉛筆を持つとこれまた楽しくて楽しくて、当時のその気分がよみがえってきました。

何もないスケッチブックには無限の可能性。
(表現する楽しさは写真にも通じるかもしれません。)
思いついたまま描くもよし、何かをみて描くもよし、心の中を描くもよし。
同じ時間に電車に乗って、会社に向かう毎日を送っているせいなのか、その自由がとても眩しくて楽しいです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

ビギナー

R0033653_8
華やかなのになぜかちょっとほっとして

R0033647
路地を歩くとうきうきして、風が心地いい、神楽坂。
まだ数回散歩しただけですが、大好きな街です。
R0033635_2
ときどきすてきな先輩女性とすれ違うのも楽しみです。
きっと、まだまだ人生とこの街の初心者な私の知らないすてきな場所が沢山あると思いますが、
大人の街は、「いつでも遊びに来て、少しずつ大人になっていけばいいんだよ」と言ってくれているような気がします。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »