« 走り出す | トップページ | 見えるもの 見えないもの »

2007年6月16日 (土)

湖畔で涼む

R0030635V上野界隈を散歩していると、
いつもは見落としている古い建物が。
「黒田記念館」と書いてあります。
入口で、
「ちょっと通りかかったのですが、ここは・・・」と聞いてみたところ、
「美術館でございます。
無料ですので、2階へどうぞ。」
とのこと。
入ってみました。

2階へ入り、右手の展示室に目をやると、「湖畔」。
黒田記念館とは、黒田清輝の記念館だったのです。
「湖畔」を観るのは、初めてかもしれません。
ゆったりと着物を着た女性が湖畔に佇んでいるその絵は
観ているだけで風がこちらに吹いてきそうに涼しげです。
湖は青と薄紫とピンク色が混ざった、きれいな色、
ちょうど夕方の空のような色です。

小さいけれど宝石箱のようにきれいなものが詰まったこの記念館。
思いがけずすてきなところをみつけてしまい、
得した気分でまた外に出ました。

黒田清輝 黒田清輝

著者:黒田 清輝
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 走り出す | トップページ | 見えるもの 見えないもの »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖畔で涼む:

« 走り出す | トップページ | 見えるもの 見えないもの »