« 湖畔で涼む | トップページ | 風の来る場所 »

2007年6月16日 (土)

見えるもの 見えないもの

R0030603


藝大探検していたら、陳列館で「見えるもの 見えないもの」という写真展が開催されていたので、観てきました。

R0030621_1
とても面白かったです。
いろいろな写真を見るのはとても楽しいし、勉強になります。
「どういうものが好き。」「どういう風にしたい。」
今ははっきりと自分でも分かっていないところもあるけれど、
何となく、どうしても琴線に触れるものがあるのが分かります。
感想はすぐには言葉には出来ないけれど、感じたキラキラしたものが体の中に何か入っていくのが分かります。
そういうものが蓄積されて、いつかドカーンと自分の写真や感覚になる日が、楽しみ。

目で、心で、感覚で。
「見えるもの、見えないもの」、写真にしたい。

GR BLOG トラックバック企画 「窓」に参加します。

« 湖畔で涼む | トップページ | 風の来る場所 »

コメント

「見えるもの、見えないもの」、
どんな写真展だったのでしょうか。
ちょっと見てみたい気がします。

aniseさんが書かれたことはわかる気がします。
琴線に触れる写真ってありますよね。
ただそれを言葉にするのは難しい…
見て、感じる、そういう感覚を大事にしたいですね。

投稿: marikichi10 | 2007年6月16日 (土) 23時17分

「見えるもの 見えないもの」は、約20人の、主に
藝大出身の人たちの写真が展示された写真展でした。沢山の人の写真があるので、それぞれのカラーがあり、とても面白かったです。

思っていることを文章に書くのはとても難しく、
うまく書けずに自分でもだんだん分からなくなってしまうこともあるのですが、わかる気がすると言っていただけて嬉しいです。
なんだかわからないけれどグッとくる写真を見たときも、言葉にするのって、本当に難しいですよね。どうしてそれが気になるのか、好きなのか、その時は自分でうまく言葉に整理できなくても、その感覚を大事にしたいですね。

投稿: anise | 2007年6月17日 (日) 08時56分

・・こういうモノを探し当てる・・
ソレが。もう・・答えになっています・・ョ
いいデスネ・・イッツモ・・

ヤッパリ・カルピス日和・・ヮ
・・・雨上がる・・ですわー・・

ダイドコヮプールに差し込む・
・夕日・・がスキです
・・ゆっくりと最後のヒトカキをしながら・・
水と光の・・屈折を楽しむ・・・

投稿: 台所のキフジン | 2007年6月19日 (火) 22時45分

台所のキフジンさん、こんばんは。

プールに差し込む夕陽、いいですねー。
小さい時夏休みに友達とプールに行くと、
もう朝から夕方までずっといたものです。
夕方になると少しづつ夏の光が金色の夕陽に変わっていって、
水の中ですごくきれいだったことを、しばらく忘れていましたがダイドコさんのコメントで思い出しました。

投稿: anise | 2007年6月19日 (火) 22時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えるもの 見えないもの:

« 湖畔で涼む | トップページ | 風の来る場所 »