« 桜の時 | トップページ | 休日列車 »

2007年4月 6日 (金)

la joie

R0018256
カメラを持ち歩くようになってからは、すべてのものが写真の対象。
街を歩いている時はもちろん、
雑誌をみても、映画を観ても、
自分がカメラになってそのレンズを通してみたような、
そんな不思議な感覚ですべてのものを見ている気がします。

明るさ、色、アングル・・・、
いろいろなものを見ているうちに、
今すぐにはいい写真は撮れなくても、
今見ていることの積み重ねで、いつかすごいアングルや
すごい色合いの写真が撮れるような気がしてきて、
楽しくなってしまいます。
写真はずっと出来るすごくいい趣味だと思います。
もちろん、思うように撮れるような腕になれれば嬉しいし、
それプラス、積み重ねの化学変化で自分がどんな風になっていって、どんな写真を撮るようになるのかも楽しみです。

これからいい季節。
沢山写真を撮るのが楽しみ。

« 桜の時 | トップページ | 休日列車 »

コメント

写真の持つ魅力は奥が深いですね。
僕もカメラを持つようになってからというもの、
街を歩く時、車に乗っている時、いつもアングルなどを
考えてものを見ているようです。
いろんな角度から、いろんなものを見て、
楽しくなります。
これからもいい写真を撮ってくださいね。

投稿: marikichi10 | 2007年4月 6日 (金) 23時31分

こんにちは。
いつも楽しみにしています。
私は銀塩カメラ派でして、といっても素人なのでもっぱらネガで撮っていますが。
写真て面白いですね。何十枚かのなかに一枚でも「やった」と思えるものがあったときの嬉しさが堪らず写真を続けています。

投稿: カトマンズ | 2007年4月13日 (金) 19時47分

>カトマンズさん、こんばんは!
コメントありがとうございました。
「何十枚かのなかに一枚でも「やった」と思えるものがあったときの嬉しさが堪らず」という気持ち、ものすごく分かります。
なかなか満足いくものが撮れはしないのですが、
それでも自分なりに気に入ったと思えるものが撮れた時の嬉しさはたまりませんよね。
こんなに嬉しい楽しい趣味を持てるということは
とっても幸せなことですね。

投稿: anise | 2007年4月14日 (土) 00時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: la joie:

« 桜の時 | トップページ | 休日列車 »