« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

モネ展

R0018705
初夏のような陽射しだった今日、

R0018752
国立新美術館(六本木)で開催されている、モネ展に行ってきました。

R0018713_1
光と色彩溢れるモネの絵は見ていてとても心地よく、
川面を駆けてくる風や、草の香りを運んでくる草原の風の香りまでこちらに届きそうなその絵は、初夏のように爽やかな今の季節にぴったりだと思いながら、いい気分でゆっくりと鑑賞してきました。

R0018716

| コメント (0) | トラックバック (0)

夏の香り

R0018753_1
まるで初夏のような陽射しが降り注ぐ、
4月、休日、青空の下。

GR BLOG トラックバック企画 「香り」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

のうてんき

R0018667_1
いい天気の日には意味もなく遠くまで
行きたい気持ちがする

ガタゴト電車どこまでも

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

ハチミツとクローバー

R0018643
先週の週末に借りてきて観たDVD、「ハチミツとクローバー」。
今日は会社に行ったのですが、早く帰れたので、先週に引き続きもう一度観ることに。

何度観ても好きなのは、はぐちゃんと森田がお互いの作品を見て触発されて作品を作っていく場面。
好きだなぁ!
一緒に即興で一枚の絵を作っていく場面も、ものすごく楽しそうで大好きです。
なんか分かるな!
ワクワクしちゃうよ!
最高だよね!この感じ。
こっちまで楽しくなっちゃいます。
楽しいのを共感できるってすごいしあわせですよね。

しあわせな気分を味わったり、キューンと切なくなったり、他にも印象的な場面は沢山で本当に大好きな映画なのですが、とにかくこの2つの場面は何度見ても好きです。
大切なことを思い出すような感じです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

プリーツスカート,please

R0018627
春だから
いい天気の朝だから
好きだから プリーツスカート。

R0018634_2
風に揺れてフワフワ歩きたい日は
それに決まりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

いい天気って、いいね。

R0018614
久し振りに、陽射しが戻ってきた今朝。
いつもより少しだけ早く家を出て、
朝からカシャ!

R0018629
天気がいいだけでいい気分になれるのは
自分でも単純だと思いますが、
そんな単純さは大切かもしれません。

R0018646

かわいい花。

R0018637
この坂駆けたら、
駅まではもうすぐそこ。
今日も、頑張っていこう。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月24日 (火)

R0018514_3
夜の風が吹いて

R0018490R0018481_1
あてもなく 迷いもなく

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

かわいいひと

R0018464
図書館で木村伊兵衛さんの写真集(「昭和の女たち」筑摩書房)を見ていたら、女優さんたちのポートレイトの中に、若き日の八千草薫さんのものがありました。
とてもかわいいかったので、こっそりとパチリ。

八千草さんは、年齢を重ねた今でも、とてもかわいいかただと思います。
今も、このポートレイトと同じ顔(少女が住んでいるような顔)をされています。
どんな風に過ごしていたら、そんな歳のとり方ができるのでしょうか。
ちょっと目標です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

ハル デスネ

R0018444_2
ひげを揺らしていったのは?

R0018435
のれんをふうわりさせるのは?

R0018438
「キョウハ ハレマシタネ。」
「コレガ ハル デスネ。」

久しぶりに晴れた金曜日。
あたたかな春の風に出会いました。

GR BLOG トラックバック企画 「出会い」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

R0018583
どきりと足を止めさせる
鮮やかな色は 雨のせいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

コーヒーかぶがぶ

R0018556
擬音混じりに花咲くトークの
そばにはいつも コーヒーなんです。

R0018562
あれがこう これがああ
それはおお! なるほどそう

R0018577
トークは続くよどこまでも
気がつきゃ今日も コーヒーがぶがぶ

| トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ダ・ヴィンチさん、こんにちは

R0018525
日曜日、上野の東京国立博物館で開催されている、
「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」展を観に行ってきました。

R0018535
ダ・ヴィンチの絵はこれまでにもいくつか観たことはあるはずですが、今回の展示の目玉、「受胎告知」は、初来日。
これは観ないわけにはいきません。
早起きして、9:40位には博物館に到着しました(9:30開場)。
が・・・!おそるべし、ダ・ヴィンチ。
すでに長蛇の列が2、300m程出来ていたのでした。
ただし、思ったほど待つこともなく列はスムーズに進んでゆき、第1開場(「受胎告知」のみ第1開場の本館で、その他の展示は第2開場の平成館に展示されてています。)に入れました。
入場前には手荷物検査があり、この絵の重要さをひしひしと感じつつ、いざ、絵のもとへ。

きれい。
色と、計算された構図がとてもきれいです。
特にマリアの白い肌と、その服の赤と青がとても印象的。
マリアの存在感と、その清らかで厳かな顔立ち。
恭しく彼女の元にやってきた天使の姿、表情。
その静かな空気の前に、ものすごく近くに絵はあるのに天才を目の当たりにしてかえってその距離を感じ、ただ立ちつくすだけとなってしまいました。
観れてよかった・・・、と感動しました。
そして、ちょっと大袈裟ですが、ほんの偶然で今の時代に生まれてきてよかったな・・・などとふと考えてしまいました。
もし生まれたのが2、300年位前の日本にずれていたらダヴィンチもレンブラントもフェルメールも何も知らず、何をしていたんだろう・・・。
それはそれで楽しいことも沢山あるのだろうけれど、
美しいもの、すごいものと、より沢山出会うことが出来るというのは
とても恵まれたことです。

R0018521


GR BLOG トラックバック企画「出会い」に参加します。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

le eclat

R0018450

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

チョコレート

R0018246_1
このチョコレートは、ただのチョコレートではありません。
ある場所のオーラが宿った、魔法のチョコレートです。

日曜日午後3時、おやつにこのチョコレートを食べましょう。
午後5時、チョコレートが胃から腸へゆきます。
午後8時、血管に流れます。
午後12時、指先にまで届きます。
午前6時50分、体中にエナジーが満ちて、
靴音も軽やかに、玄関から飛び出してゆけるはずです。

出かける前にもうひとつ食べると、より効果的です。
ちょっと不安な背中を優しく押してくれるはず。
その歩き出した体に、オーラが宿っているはずです。

(※頭痛にも効きます。)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

神保町界隈

R0018337
神田神保町。

R0018314_1

R0018334
本好きには 宝の山。

R0018308
分け入っても分け入っても青い山のような
溢れるような本に囲まれ 本にうずもれ、
幸せな時間を過ごす街です。

R0018351

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

さんぽは続くよどこまでも

R0018400


4月、春風さらさらいくよ

R0018399_3
つられたわたしの さんぽは続く

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

小さくて大きな旅

R0018339
今日も沢山の人が、世界中で本と出会い、手にとる。
手にした人がその小さな扉を開けると
そこには無限の世界が広がり、いながらにして自在に旅することが出来る。
もう聞くことのできないはずの古の人々の声も、気付かなかった自分の内なる声も、遠い宇宙の話も聞くことが出来る。
キラキラの未来への扉を開く鍵や、
乾いた心を潤すオアシスにも出会うかもしれない。
オアシスにたどり着いたら、しばしそこで休むのもいい。
本は不思議な、無限の世界への入り口。
たった50の音の自在な組み合わせが、人を様々な旅へ誘い出してくれる。

R0018341

GR BLOGトラックバック企画 「出会い」に参加します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

ひるねねこ

R0018288
桜の花びらのなかを歩いていくと・・・

R0018290
久し振りに、会社に住んでいるねこに出会いました。
気持ち良さそうな寝顔です。
・・・が、この後、写真を撮っている音に気がついたのか、
起きてしまいました。

わたし 「ねこくん!ひさしぶり。」
ね こ 「あ。おねえさん。久し振り。
      相変わらず、カメラ持ってるんだね。
      もしかして、写真撮った?
            ちょっと待ってて。
            今、きれいにするから。」

R0018277
ね こ「ほら、俺、きれいになったよ!」
     (ジャーン!)

R0018273_2
わたし「ほんとだ。きれいになったね!」
     (思いっきり寝起き顔だけど(笑)。)
ね こ「そう?そう?」
わたし「うん、うん。」
ね こ「そうか。安心した。
     安心したら、眠くなっちゃったよ。
     また寝るか。」
わたし「・・・・・。」
ね こ「おやすみ~。」

R0018282

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

お!仲間ですね。

R0018272
新宿にて。
(今日は歩行者天国でした。)

先日の記事で、「カメラを持ち歩くようになってから・・・」というようなことを書きましたが、もう一つとても気になってつい見てしまうもの、
それは、自分と同じように街中でカメラを手にしている人です。

何を撮っているのかな、どんなカメラなのかな、
どんな写真になるのかな。
・・・興味は尽きなく、出来ることならちょっと話しかけてみたいくらいです。
自分からはよほどきっかけがないと話しかけられないのですが、
実際わたしも時々話しかけられるので、やはり同じく写真を趣味とする者同士、同じ興味をもって、カメラを持つ人を見ているのかもしれませんね。
初めて会ってもなんとなく仲間という気がするのが不思議です。
例えば今のような場面ではどうしたらうまく撮れるのか・・・などと話が弾むこともあって、そんな時は妙に嬉しかったり。
趣味で世界が広がるのはいいなぁーと思います。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

休日列車

R0018273_1
日曜日の電車は みんなやさしく見えて
どんなに混んでても おだやかに揺れている

(槙原敬之 「君に会いに行く」より一部引用)

R0018268


洗ったばかりの服のようにきれいな 休日の朝。
電車に揺られていたら、昔聴いたことのあるこの曲を思い出しました。
私の場合は君に会いに行くのではなくて
年度末の仕事が片付かなさそうなので会社に向かっていたのだけれど、
休日の電車は この歌のようにとてもやさしく穏かで、
なんだか心地よいのでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

la joie

R0018256
カメラを持ち歩くようになってからは、すべてのものが写真の対象。
街を歩いている時はもちろん、
雑誌をみても、映画を観ても、
自分がカメラになってそのレンズを通してみたような、
そんな不思議な感覚ですべてのものを見ている気がします。

明るさ、色、アングル・・・、
いろいろなものを見ているうちに、
今すぐにはいい写真は撮れなくても、
今見ていることの積み重ねで、いつかすごいアングルや
すごい色合いの写真が撮れるような気がしてきて、
楽しくなってしまいます。
写真はずっと出来るすごくいい趣味だと思います。
もちろん、思うように撮れるような腕になれれば嬉しいし、
それプラス、積み重ねの化学変化で自分がどんな風になっていって、どんな写真を撮るようになるのかも楽しみです。

これからいい季節。
沢山写真を撮るのが楽しみ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

桜の時

R0018222
まぶたの上に きれいな青
薄い唇に紅をひく

(aiko 「桜の時」より一部引用)

桜の時ということは、年度末の決算の時でもあるわけで、
昨日は珍しく遅くまで残業をしてしまいました。
ちょっと肌寒い帰り道、誰もいないのをいいことに
ついついはなうたが口をついて出てきてしまいます。
公園の近くを通りかかったら
一人で見るのにはもったいないような桜。
きれいなものに出会えてちょっと得したような、
春の夜道です。

R0018229_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

coffee break

R0018179_1


コーヒーでも飲んで、
ちょっと一息いれましょう。

のんびり空を眺めたら
桜がきれいに咲いてます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

未来へ

R0018244
春から新しく独立する知人が
社名を考えています。

光り、輝く、楽しい。
そんな名前、未来がふさわしいような気がして、
週末、私も図書館で辞書片手に
あれやこれや眺めて頭をひねってみました。

とても難しいけれど名前って大切なんだと、
願いを込めてつけるものなのだと、
改めて思いながら辞書を眺めました。

R0018172_2   

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

swing boy

R0018205
満開の桜の木の下、
少年がブランコに座っていました。

R0018186_1


おじいさんに見えますか?
いえいえ、少年です。
この顔は。

R0018187
「うわー!」R0018194


「いいねぇ!」

ほら 少年でしょ?
いくつになってもこんな風に楽しめるって、素敵です。

R0018177

| コメント (2) | トラックバック (0)

まなざし

R0018245_1
その春の花は
清らかな 真っ直ぐな眼差しをして

R0018238

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »