« ちいさいおみせ | トップページ | お散歩at外苑辺り »

2006年4月21日 (金)

Nothing Like The Sun

Dsc02089

最近ふと スティングのこのアルバムのことを思い出して、
TUTAYAで借りてきてから、はまってしまって毎朝聴いています。

今思えば、幼稚園の時、ポンキッキの中でビートルズの曲を(昔はよく「please please me」とかが流れてましたよね!)聴いたのが洋楽との初めての出会いかもしれないけど、ほんとうに自分の意思で聴くようになったのは中3くらいからで、小林克哉の「ベスト・ヒット・USA」がそりゃもう楽しみでした(歳がわかるなぁ~)。あとはFMやFENを聴いたりして。

スティングのこのアルバムは高校生くらいだったでしょうか。
Englishman In New York」が、当時よくTVで流れていて、何だろうこの印象的な曲は、と思って、“貸レコード屋”(当時CDはまだなかったんですよ(笑)。TUTAYAとかもなくって、街の小さな貸レコード屋によく行ってました。)で借りてきたのです。(そういえば、ちょっと前にこのブログで料理スタイリスト;堀井和子さんの事を書いたときの題名を「Japanese Woman In NY」としたのは「Englishman In New York」をひそかに意識していたのです(爆)。)

We'll Be Together」が特に好きで、今でも大好き!
毎朝、イントロの始まりのところを聴くだけでシャキーン!と目が覚めます。当時、試験勉強中に聴いていて、次第に歌わずにはいられなくなってきて「歌・7、勉強・3」、最後には「歌・10」の割合になってしまって勉強が手につかなかった、なんて思い出も。

Rock Steady」も好きで、聴いててノリノリなのですが、悲しいかな、貧乏庶民、いつTUTAYAで借りても歌詞カードがない。だから未だに歌詞の内容は分からない。
いつかお金持ちになって、CDが思う存分買えるようになったら、その時がまた新しいスティングとの出会いの日が来るんだわ。・・・そう思って我慢することにしましょう。

       *       *       *

超ノリノリで写真を撮ると・・・。

Dsc02066_1

« ちいさいおみせ | トップページ | お散歩at外苑辺り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nothing Like The Sun:

« ちいさいおみせ | トップページ | お散歩at外苑辺り »